素晴らしきかな、人生

素晴らしきかな、人生

ウィル・スミス主演、人生を見つめ直すドラマ

クリスマスシーズンのニューヨークを舞台に、人生のドン底にいた男が、奇妙な舞台俳優たちとの出会いを通して変化する様をウィル・スミス主演で描いたドラマ。ニューヨークの広告代理店で成功を収め、華やかな生活を送っていたハワードだったが、最愛の人を失ったことで大きな喪失感を抱く。完全に人生を見失ってしまったハワードを同僚たちも心配していたが、そんなある時、ハワードの前に年代も性別も異なる3人の奇妙な舞台俳優たちが現れる。彼らとの出会いにより、ハワードの人生に徐々に変化が起こっていく。

原題:Collateral Beauty / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年2月25日 / 上映時間:94分 / 製作会社:ニュー・ライン・シネマ、パームスター・メディア / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:3600万ドル / 興行収入:2900万ドル

【無料動画】

映画『素晴らしきかな、人生』本予告【HD】2017年2月25日公開

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

人間の心の機微を繊細に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんな心に響く映画を観たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴でき、ユーザーの好みに合わせていろいろとフィッティングできるのが便利です。字幕や吹き替えを選べたり、スマホなどの視聴スタイルも選べたりと、サービスとしての利便性は今の時代にぴったりです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「素晴らしきかな、人生」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『素晴らしきかな、人生』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:デビッド・フランケル(関連作品:『ワン チャンス』)
脚本:アラン・ローブ
撮影:マリス・アルベルチ
音楽:セオドア・シャピロ

★【キャスト】
ウィル・スミス、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、マイケル・ペーニャ、ナオミ・ハリス、ジェイコブ・ラティモア、ケイト・ウィンスレット、ヘレン・ミレン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.8/1013%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
ウィル・スミスといえば親子映画。今作では娘を亡くした父の喪失感と絶望、そして新たな道を踏み出すまでの過程を丁寧に演技していた。不安の付きまとう前半と、パズルピースがしだいにはまっていく後半との対比も素晴らしく、いつのまにか主人公に寄り添い、気持ちをひとつにしていた。随所にちりばめられたアイディアの面白さなど見所も満載で、最初から最後まで基本はゆっくりとしているのに間延びせず目が離せないのも魅力的。
●SPACEMOV  
フランク・キャプラの傑作と全く同じタイトルを与えられてしまったのは哀れというか、日本配給側は何を考えているのかと訝しげになるのも止む無しだが、映画自体は真面目。別にパロディとかではありません。「自分の子を失う」という経験をした人はあまりいないと思うが、その悲痛さは想像を絶するというのは理解できる。同情や気休めが何の意味もなく、ただ失ったもののぽっかりあいた穴だけが塞がれずに残っている。それでも前に進めれば…。
●DAILYMOTION 
最愛の娘をなくし、受け入れきれない。さらに妻の記憶もなくしてしまい、どん底を這いあがるしかない状況。原題の「Collateral Beauty」は作中では「幸せのオマケ」って和訳されていた気がするけど、この解釈にもいろいろあるだろう。「愛・時間・死」に向きあう映画の流れる間だけではせめて、辛い時間が止まってほしい。キャストが豪華ということもあって、ドラマを引きたてるパワーが最強で、やはり役者は凄いなと思い知らされた。