ブラッディ・マリー

動画『ブラッディ・マリー』を無料視聴

原題:BLOODY MARY
製作:アメリカ(2006年)
日本公開日:2007年3月(DVDスルー)
上映時間:81分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

閉鎖環境下の臨場感、逃げ場のない焦燥感をリアルに捉えた新感覚ノンストップ・ショック・サスペンス。立ち入る者もいない州立精神病院の廃墟と化した地下フロアを舞台に、次々と犠牲になっていく美しきナース。廃墟と化した地下フロアで一人の看護婦二コルが姿を消す。彼女を強制的にその場へ向かわせたジェンナたち同僚は、責任を問われるのを恐れ、事実を隠蔽するが、仲間内に動揺は広がっていった。いっぽう、二コルの身を案じる作家ナタリーは、妹のボーイフレンド、ポールから「ミラー・ゲーム」という儀式の存在を教えられる。だが、その詳細について聞き出す前に一人、また一人と当事者たちは人知れず命を奪われていくのだった。「鏡よ、鏡……」地下から聞こえてくるうめ聞こえてくるうめき声の主は何者なのか? 謎へと至る過程で、病院の過去が次第に明らかになっていく…。

★【スタッフ】
監督:リチャード・ヴァレンタイン
脚本:リチャード・ヴァレンタイン
音楽:リチャード・タイラー

★【キャスト】
ジェイソン・シモンズ、キム・タイラー、マット・ボーレンギ、クリスチャン・シャロフ、アンバー・ボリッキ

【無料動画】

bloody mary trailer

bloody mary trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

海外さん(2010年3月1日) 
リチャード・バレンタイン監督は、恐怖を管理するために照明と奇妙なメークアップ・エフェクトを使用しているので、明らかにフライの感覚を持っています。血まみれのメアリーは、キャンディーマンよりずっと怖い、全体を通して怖かったし、バレンタインはこれを賞賛する人です。物語は美しい無名の女性が数十年前に殴られ、逃げられた亡命の中心にある。現時点では、看護師のグループがブラッディ・メアリーのゲームをプレイし、一方は女の子が疲労に苦しむ一方で、魅力に夢中になる。
名無しさん(2010年3月24日) 
滑稽な映画撮影は、写真を適切に不気味な表情にします。リチャード・タイラーの不愉快なスコアは、うごめきなオガ・ブーガ・トリックです。きちんとした小さなフリック。トロイ・トーリは夢中になった囚人ジョニーの強烈な描写であなたの肌を這い上げます。また、マシュー・ボレンギからは懐疑的なボビー、アンバー・ボリッキーはオタクとして、エロ・ジョンソンはリッキーの「鉄道」レイノルズとして、アンナ・ピパスは悲惨で壊れやすいヒラリー、ブリリアンウィゲランド、罪悪感を抱いたシェルビー、そしてジェシカフォンを素朴なニコールと呼びます。女優の美しい裸体が見たいならこの映画はオススメできるでしょう。