ウェントワース女子刑務所 シーズン3

女子刑務所を舞台に、受刑者や看守たちの人間模様を描いたドラマ「Wentworth」のシーズン3。対立はさらに激化、そして伝説が…。

第1話 仰せのままに
ブレイデンを殺害した罪で、ビーには仮釈放なしの終身刑の判決が下される。ファーガソンは、囚人として立場をわきまえるよう、ビーにくぎを刺すが…。

第2話 行き詰まり
ボスとしての地位を固めるために、ビーはファーガソンと危険な取引をする。リズの娘ソフィーが面会に来て、母親に答えを求めようとするが…。

第3話 むき出しの刃
フランキーは他の囚人たちから包囲されるが、新任のカウンセラーからの助けを拒む。一方、ウィルはハリー殺害の容疑者になる。

第4話 正義の鉄槌
リズの娘、ソフィーがウェントワースに入所する。一方、ファーガソンはビーを襲わせるように裏で手を回し始める。

第5話 慈悲の心
ビーは、ハリー殺害にカズ・プロクターが関与している可能性に気づく。フレッチは事故による記憶障害に苦しんでいた。

第6話 証拠
ビーの後押しで、ジョディは監察官にファーガソンの虐待を告発する。不意をつかれたファーガソンは、すぐさま残忍な反撃で応戦する。

第7話 長期戦
ビーは精神科病棟に収容される。一方、追い詰められたフランキーは、思いがけず自らの最大の秘密をブリジットに告白してしまう。

第8話 金魚
ビーは、ファーガソンが執着する"ジアナ"という女性の正体を追う。一方、ヴェラは暴動の時にファーガソンが自分を裏切ったことを確信した。

第9話 フリーク・ショー
ファーガソンは、ブリジットをウェントワースから排除する。フレッチがビーやジェスの味方につく可能性は低そうだ。散々悩んだヴェラは…。

第10話 審判の日
フランキーは、仮釈放審理の前にドラッグを隠して自らを危険にさらす。一方、ウィルは、フランキーが告白している録音記録を手に入れて真実を知る。

第11話 生者と死者
ビーはフレッチと協力して、ヴェラとファーガソンを仲違いさせる。これにより、一連の出来事が後戻りできない形で動き出す。

第12話 血と炎
ファーガソンは理性を失い暴走する。そして、自らの行いの証拠隠滅を図ったことが発端となり、ついに犠牲者が…。

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
製作総指揮:ララ・ラドゥロヴィッチジョー・ポーター

★【キャスト】
ダニエル・コーマック、ケイト・アトキンソン、ロビー・マガシヴァ、ニコール・ダ・シルバ、クリス・マクウェイド

★【感想・批評】

●STREAMIN 
今までのシリーズとは変化をつけてきて、あえて逆転させた構造も持ってくることで観客の楽しみを増幅させているという、王道なシリーズの発展。囚人と看守がただ戦っているだけではないので、今回はさらに複雑化しているので、余計に予測が困難でハラハラドキドキさせる。好きなキャラクターがどんな風に遭うのかということだけでも、気になりだして不安になるのですが、それこそこの刑務所というアトラクションの最高のお楽しみ。
●DAILYMOTION 
善人と悪人がはっきり分かれることなく、境界線が曖昧なままに混戦していく。それは刑務所という場所ではふさわしくないのかもしれない。なぜなら普通、ムショというのは善悪によって悪人をぶちこむところであり、そこにいるのは全員が悪のはずだから。それでもこの作品はその悪にもいろいろいるんだということをハッキリ示すことで見ている人のお約束を壊す。みんな刑期を過ごしているなら悪い奴ではないかという常識は通用しない。

※紹介している作品は、2016年12月23日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は Hulu の公式ホームページにてご確認ください。