TAXi(1作目)

TAXi

シリーズ第1弾。タクシー運転手、アクセル全開!

フランスのマルセイユの街を舞台に、目も眩むようなスピード感たっぷりのカー・アクションが繰り広げられる痛快エンターテインメント。フランスの港町マルセイユ。スピード狂のダニエルは、恋人リリーとの生活を始めるために、趣味と実益を兼ねたタクシー運転手の仕事を始める。ダニエルは改造車を猛スピードで走らせるので、警察は彼をスピード違反として呼び止めることさえできない。あるとき、新米刑事エミリアンを乗せてしまったことで、事態は大きく急変し、とてつもないカーチェイスが展開されていく。

原題:Taxi / 製作:フランス(1997年) / 日本公開日:1998年8月15日 / 上映時間:85分 / 製作会社:TF1 Films Productions / 配給:コムストック / 次作:『TAXi2』

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

退屈なんて吹き飛ばすアクロバティックでクレイジーな映画を満喫するなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、シリーズものを一気に見るのにぴったり。さらにハイクオリティな映像を大画面でテレビで見ることもできますし、スマホで外出先に少し見て暇つぶしするのも、OK。ダウンロード機能もあるので、通信制限を気にすることなく、安心して鑑賞できるのもスマホユーザーには嬉しいです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「TAXi」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『TAXi』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジェラール・ピレス
脚本:リュック・ベッソン
撮影:ジャン=ピエール・ソーヴェル
音楽:アイエーエム

★【キャスト】
サミー・ナセリ、フレデリック・ディフェンタール、マリオン・コティヤール、エマ・シェーベルイ、マヌエラ・グーレリ、リチャード・サメル

★【雑学(トリビア)】
・ダニエルの愛車は「プジョー・406」で、本作で知名度が上がった。2005年に販売終了している。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.0/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー
なんにも考えずに楽しく観られます。ダニエルとエミリアンの息の合った掛け合いが面白いし、なんでこんなにアホな奴らしか出てこない映画を作れちゃうのか。フランスってもっと真面目な文学的作品も多いのに、ときどきこうやって異様に弾けるのはなんなのでしょうか。ストレスが溜まっているのか、上品なんて捨てようみたいな気分のムラなのか。どっちにせよ楽しいからいいか。ヨーロッパって日本と比べると交通マナーが悪いからかな…。
●DAILYMOTION  
登場人物の9割が頭のネジが外れている。警察さえも機能していない。大丈夫か、この国。マリオン・コティヤールとか、今なら超有名じゃないかと驚愕するのに。リュック・ベッソンの片手間適当プロデュースは、ときにとんでもない怪物を生み出すので本当に予測がつかない。やっぱり才能がある人って、どこか意味不明な映画を作れる人じゃないといけないのかも。撮影上等!のバリバリカーアクションは、観客の脳みそを機能不全にしますよ。
●STREAMANGO  
ワイルドスピードほどの派手さはないけどそれなりのカーチェイスは楽しめるし、そこはかとない古風さがいい。CGをガンガン使うよりもこうやってガチでアクションするほうが良いものですね。ツッコミどころがありすぎなんだけど、休日にアホで痛快なアクション映画が観たいという需要には100%お答えできる名作です。コメディ要素もいい塩梅で仕上がっていて、娯楽映画として最高なので、本当に何も考えなくていいストレスゼロなのです。