スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲

オリジナル3部作第2弾。因縁の対決の行方は…

映画史に残る傑作のスペースオペラ映画シリーズ『スター・ウォーズ』の第2作で、後に製作された新3部作とあわせたシリーズのエピソード5にあたる。帝国軍のデス・スターを破壊し、反乱軍が一矢を報いてから3年。帝国軍は猛反撃を開始し、反乱軍は極寒の惑星ホスに新たな秘密基地を築いて時をうかがっていた。しかし、帝国軍の攻撃によりホスの秘密基地からも撤退を余儀なくされ、反乱軍は窮地に立たされる。そんな中、ルークはフォースの修行を積むため、惑星ダゴバにいるというジェダイ・マスター、ヨーダの元を訪れる。一方、ホスから逃げ延びたハン・ソロとレイア姫は、ハン・ソロのかつての仲間ランドを頼って雲の惑星ベスピンにたどりつくが、一行はランドの裏切りによってダース・ベイダーに捕らえられてしまう。仲間の危機を知ったルークは救出に向かい、ダース・ベイダーと対峙するが…。

原題:Star Wars: Episode V – The Empire Strikes Back / 製作:アメリカ(1980年) / 日本公開日:1980年6月28日 / 上映時間:124分 / 製作会社: / 配給:20世紀フォックス / 
前作:『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』 / 次作:『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還

★【スタッフ】
監督:アービン・カーシュナー(関連作品:『特攻サンダーボルト作戦』)
脚本:リー・ブラケット、ローレンス・カスダン
撮影:ピーター・サシツキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ、デビッド・プラウズ、ピーター・メイヒュー、ケニー・ベイカー、フランク・オズ、アレック・ギネス、ジェレミー・ブロック、クライブ・レビル、ケネス・コリー、ジュリアン・グローバー、マイケル・シェアード、マイケル・カルバー、ブルース・ボア

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年1月5日) 
「帝国の逆襲」の何が楽しいって戦争をしている感じです。序盤からドンパチの数々。そして独自の兵器による恐ろしい脅威に対して独自の手法で対抗する。これだけでテンション上がる。フォースの力なんてなくても工夫で勝っていく。このスタイルがもう最高。初登場のヨーダがマスターと思えないほど可愛い、というかよぼよぼでこれはこれで味があっていいですよね。だからこそ「最後のジェダイ」のあれの感動にもつながるわけでね…。
●FANDANGONOW (2018年5月20日) 
ルークとダースベイダーの根深い対立、時々挟まれるハンとレイアのラブロマンス、C3POとR2D2の凸凹コンビ。関係性を楽しむという意味ではこんなにもキャラ愛に溢れる映画があるでしょうか。この映画がシリーズ最高傑作と言われている理由は、全ての要素が最高潮に達するピークがあるからであり、エンターテインメントとして完成度の高さがピカイチなのです。「いつ誰が観ても面白い」ことこそが一番凄いこと。時代を超えるとはこれなのか。