スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還

オリジナル3部作完結。運命の戦いが決着する

スペースオペラ映画の金字塔として名高い傑作シリーズ『スター・ウォーズ』の第3作で、後に製作された新3部作とあわせるとエピソード6にあたる。惑星タトゥイーンへと向かったルークとレイアは、大悪党ジャバ・ザ・ハットに捕まったハン・ソロの救出に成功。修行を続けるため再び惑星ダゴバを訪れたルークは、ヨーダから驚くべき自身の出生の秘密を明かされる。一方、反乱軍は帝国軍が衛星エンドアに第2のデス・スターを建造しているとの情報をキャッチし、これを打ち破るため大規模な作戦を展開する。レイアやソロは、エンドアの原住民イォーク族の力を借り、デス・スターを守るバリア施設破壊を目指す。そしてルークは、ダース・ベイダーを暗黒面から目覚めさせようと、単身帝国軍のもとへ乗り込むが…。

原題:Star Wars Episode VI Return of the Jedi / 製作:アメリカ(1983年) / 日本公開日:1983年7月2日 / 上映時間:132分 / 製作会社:Lucasfilm Ltd. / 配給:20世紀フォックス / 前作:『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』 / 次作:『スター・ウォーズ フォースの覚醒

★【スタッフ】
監督:リチャード・マーカンド(関連作品:『針の眼』)
脚本:ローレンス・カスダン、ジョージ・ルーカス
撮影:アラン・ヒューム
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、セバスチャン・ショウ、イアン・マクダーミド、フランク・オズ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、デビッド・プラウズ、アレック・ギネス、ケニー・ベイカー、ケネス・コリー、ジェレミー・ブロック、マイケル・カーター、デニス・ローソン、ティム・ローズ、ダーモット・クロウリー、キャロライン・ブラキストン

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2018年1月16日) 
文句なしの大団円。これがエンターテインメントとしての終わり方の正しい形です。変なトリッキーなストーリーもなし、わざとらしいオチもなし。純粋にキャラクターたちが活躍してぶつかりラストに帰結する。このシンプルさは古いのではなく、映画のテンプレとして神話になっていくのです。ダークサイドとの狭間で揺れるルークの葛藤に終止符を打つという意味ではこれ以上必要なし。えっ、続編? そんなものは聞いたことがありませんね…。
●VUDU (2018年3月3日) 
当初「ジェダイの復讐」と訳されていたがエピソード1~3を観た後だとこの命名にしっくりくるものがある。エンドアの戦いでイウォークの原始的な攻撃にストームトルーパーが容赦なくやられていくくだりが本当に好き。まさに「お前らは本当にプロの兵士なのか」と疑いたくなる残念さだが、ここはまさかの原住民族にスポットがあたるというSW的にも印象的な展開が良い。「フォースの覚醒」以降にはこういのうがないので、物足りないのです。