最後の追跡

逃げるしかない俺たちの現実

地方のアメリカ社会で生きるしかない人間たちの苦しい葛藤を暴力とともに描いたサスペンス。離婚したばかりのトビーと、刑務所から出所したばかりのタナーの二人の男は、ウェスト・テキサスにある自分たち家族の農場を差し押さえから守るために、銀行強盗を計画する。そして、そんな彼らを、地元のテキサスレンジャーが追いかける…。

原題:Hell or High Water / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年11月(Netflix配信) / 上映時間:102分 / 製作会社:Sidney Kimmel Entertainment / 配給: / 製作費:1200万ドル / 興行収入:3100万ドル

【無料動画】

HELL OR HIGH WATER Trailer # 2 (Chris Pine, Ben Foster – Action, 2016)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV×】
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:デビッド・マッケンジー
脚本:テイラー・シェリダン(関連作品:『ボーダーライン』)
撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ
音楽:ニック・ケイブ、ウォーレン・エリス

★【キャスト】
ジェフ・ブリッジス、クリス・パイン、ベン・フォスター、ジル・バーミンガム、マリン・アイルランド、ケビン・ランキン、デイル・ディッキー、ウィリアム・スターチ

★【評価】
98% Rotten Tomatoes
映画.com 4.3 / 5.0
Yahoo!映画 — / 5.00
Filmarks 4.0 / 5.0

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
土地を銀行に奪われたくない兄弟が銀行強盗を繰り返して、それを追いかけるテキサスレンジャーの話。話のスジは銀行強盗の兄弟とそれを追いかける老レンジャーという王道の展開で新鮮さはあまりないですが、舞台が全く華やかでなく街の看板に金貸しがいたるところにあったり戦地に銀行が廃れていたり、そのため主人公たちが無計画に強盗しても簡単に成功しちゃう。防犯カメラも作動していなかったり。なんともマヌケで切ない暴動だった。
●映画FUN
主人公たちも計画性がなく強盗したら白人のおっちゃんに「何でメキシコ人じゃないのに強盗するんだ」と言われ発砲される。アメリカの白人さんの格差社会だったり夢も希望もないまま生活していく閉塞感と荒野の雄大な自然の対比とで息苦しいのがびしびし伝わってくる映像でした。「平均以上」のイケメンのクリスパインとベンフォスター、ジェフブリッジズとなかなか渋い顔の人たちを選んでいる。印象に強く残る、これぞ傑作という作品。
●SPACEMOV 
銀行強盗を繰り返し行う兄弟とそれを追う異人種警官2人組の逃走劇。単なる追いかけっこではなく何故兄弟が銀行強盗をしたのかが社会問題と絡めてあって興味深かったです。監督はデビットマッケンジー。この人は前作のStarred Upでロッテントマトの金のトマトUK部門に選ばれている。脚本は最近大注目の新鋭テイラーシェリダン。強面そうな顔と身体してるけど、作る映画は毎回凄いというパーフェクト野郎。これは今後が楽しみである。
●VUDU
日本だとNetflixで視聴できるようになったのですが、ここまで素晴らしい作品が映画館で見られないのは寂しい。とにかく最高の現代西部劇です。テイラーシェリダン脚本作品全てに通ずる、射貫くような社会派でドライな物語展開からシームレスに突然訪れる迫力の銃撃シーンはここでも目に焼き付けられる。どうしようもない、他にすべきこともない、だからバカなことをして一発逆転を狙うしかない。それがたとえ大きな外れになるとしてもだ。