涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙

涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙

恩に報いて、修羅となる

1970年代の韓国貧民街でのささやかな親切が、25年後の日本で新たな純愛ドラマを紡ぎだし、やがて運命の糸に操られるように、哀しい結末へと導かれていく。幼い頃、韓国の貧民街で生まれ育ったシングァンは病床の父を抱え、食事すらままならない生活を送っていた。そんな中、ただ1人やさしくしてくれたユンジャおばさん。父の死後、母親を探して渡った日本で、シングァンは田内慎二と名乗り闇社会の住人となっていた。金と力を手に入れたシングァンは、癌に冒され死を待つユンジャおばさんの為、生き別れた娘・ミンジュを探し出すのだが…。

原題:涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙 / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2007年9月22日 / 上映時間:111分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

社会で生きる人間のさまざまなドラマに焦点をあてた作品は思わず見入ってしまう魅力があります。そんなヒューマンドラマを観たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴でき、なおかつ多くのメリットでユーザーを喜ばせています。スマホ、パソコン、テレビ、タブレットなど、好きなタイミングで自分に合った視聴メディアを選べるのも今では欠かせない利便性となりました。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『涙でいっぱいになったペットボトル カンペの手紙』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:辻裕之
脚本:大学中庸、白土勉
撮影:満井担彦
音楽:遠藤浩二

★【キャスト】
大沢樹生、相田翔子、小林正寛、金嬉老、西興一朗、井田國彦、児島美ゆき、新井康弘、倉石功

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
冒頭のシーンで、てっきり韓国映画だと思っていたら、邦画だった。大人になった大沢樹生は日本でヤクザにのし上がる。優しくしてくたオバちゃんはガンで死んでしまうワケですが…オバさんの遺言が「娘を頼む」でした。必死に探し当てた娘・相田翔子は日本で金使いの荒いキャバ嬢となってました。オバちゃんに深い恩義を感じてる大沢樹生は相田翔子に仕事をやめさせ、不自由ないようにとにかく金を与えまくる。不可解なほどに金を与えまくる。
●映画FUN
気になる一言は、何度か登場する韓国語。「シクサハセヨ」。日本語では「ご飯食べなさいよ」と訳されていた。調べてみると「食事をとってくださいね」ともう少し優しい意味らしい。元Wink・相田翔子さんの韓国語の上手さと、何度も口にする「私としたい?」も妙に可笑しかった。変なバランスの作品なので、そのみょうちくりんな気まずさも含めていかにして好き勝手に楽しめるかがカギになってくるのは言うまでもないだろう。ノリである。
●BILIBILI
さっぱりよくわからないタイトルだと思う。涙でペットボトルをいっぱいにするって、どの大きさ? 500mlくらいなら結構ためられるんじゃないのかな。それでもこの作品は真面目なのである。といっても涙収集コレクターをしているわけではない。だからあまり気にしないのがいいのだが、この作品の無理やりなツッコミポイントは韓国になっているところである。これがまたかなりの無理があるポイントになってしまっているので、また困惑ばかりで…。
●DAILYMOTION
「カンペ」というのはヤクザという意味なのか。だったらバイオレンス系というべきか。そんな風に見えないかもしれないし、ましてや韓国という舞台でも厳しいのに、この挑戦に向き合ったのも凄いところである。相田翔子が脱ぐシーンがありますが、それも巧みな映像テクニックでかわされるので困ったものです。明らかに韓国を勘違いしているし、それと日本との絡みも全くと言っていいほど、空振りしているのだが、雰囲気だけは決めている。