沈黙 サイレンス

マーティン・スコセッシが日本時代劇を描く

遠藤周作の小説「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出す。17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく。

原題:Silence / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年1月21日 / 上映時間:162分 / 製作会社:Sharpsword Films、AI Film / 配給:KADOKAWA / 製作費:4000万ドル / 興行収入:830万ドル

★【スタッフ】
監督:マーティン・スコセッシ(関連作品:『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:キム・アレン・クルーゲ、キャスリン・クルーゲ

★【キャスト】
アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈

【無料動画】

映画『沈黙 -サイレンス-』日本版予告編

映画『沈黙 -サイレンス-』日本版予告編

Behind the scenes of Martin Scorsese latest Silence (2016)

Behind the scenes of Martin Scorsese latest Silence (2016)

(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.2/1083%79
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.04.03/5.004.0/5.0
coco映画ぴあ映画生活  KINENOTE  
89%79点79.1点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【雑学(トリビア)】
・バチカン市国でプレミア上映され、マーティン・スコセッシ監督はローマ教皇フランシスコに謁見した。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩の映画ムダ話『沈黙 サイレンス』解説
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。

●映画の無料動画で夢心地(2017年1月23日) 
長年の原作のファンですが、大満足です。まさかここまで質の高い映像化となっているとは…。それだけで感激しました。しかも、この名著をマーティン・スコセッシに映画化してもらえるなんて夢にも思わなかった。こんな贅沢な映画経験をしていいのか。これを観ていないなんて日本人として恥ずかしいし、むしろ日本に生きる我々こそ視聴すべきなのではないでしょうか。溢れる和への敬意に震えるばかりであり、感謝してもしきれないです。
●映画フリー(2017年1月27日) 
宗教、人種、日本社会…さまざまな論点で議論したくなる凄まじいパワーを持った映画。間違いなくスコセッシ作品のなかでも傑作のひとつになるでしょう。鑑賞中は何度も何度も息がつまり、詳しく言語化するにはあまりにも曖昧で客観的な苦しみに無情にも襲われた。絵を踏むだけでいいんだという日本人の方が、井上の言葉の方が、突き刺さる。信仰とは他人から見ればどうでもいいかもしれない。でもそんな陳腐な無関心で片づけていいものか。
●OPENLOAD(2017年2月3日) 
踏み絵や宗門改など、様々な方法を使って江戸幕府がキリスト教を厳しく制限した事実は歴史の教科書で習うとおり知っていたが、その様子をここまで克明に描いた作品を観るのは初めて。冒頭から痛々しい拷問シーンがあり、その後も容赦なく処刑される人々の姿に胸が痛み、言葉を失う。肝心の世界観表現だが文句のつけようがない。日本人キャストが多く登場するが、皆素晴らしい演技で、違和感を感じさせる人はひとりもいなかった。