映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

シリーズ第37弾。冒険の舞台は南極へ!

国民的アニメ「ドラえもん」の37作目となる長編劇場版。南極を舞台にしたドラえもんやのび太たちの冒険が描かれる。真夏の暑さに我慢できず、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山にやってきたのび太たちは、ドラえもんの秘密道具「氷細工ごて」を使って遊園地を作っていたところ、氷の中から不思議なリングを見つける。詳しく調べると、そのリングが埋まっていた氷は、人が住んでいるはずもない10万年前の南極の氷だった。一行は、謎を解くため南極に向かうが、そこで氷に閉ざされた巨大な遺跡を発見する。

原題:映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年3月4日 / 上映時間:101分 / 製作会社: / 配給:東宝 / 前作:『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生

【無料動画】

[のび太の南極カチコチ大冒険]予告編2

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠。そんな作品を振り返って見たいときは動画配信サービスを有効的に活用しましょう。このサービスは、シリーズものに強く、一挙配信していることも多いので、一気見するのにぴったり。パソコンやテレビ、スマホ、タブレットなど、あらゆる媒体で鑑賞できるので、自由に好きなタイミングで見れるという忙しい現代人には嬉しいサービスです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:高橋敦史
脚本:高橋敦史

★【キャスト】
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、織田信成、浅田舞

★【雑学(トリビア)】
・主題歌を担当するのは平井堅で、曲は「僕の心をつくってよ」。
・キャッチコピーは「小さなきっかけが、壮大な冒険のはじまりだった。」「その友情は、10万年先まで凍らない。」。
・フィギュアスケーターの浅田舞と織田信成がパオパオという動物の声を担当している。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.03.11/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
監督がジブリ出身の方とかで、そのエッセンスが非常に良く目立つ一作。『ホーホケキョ となりの山田くん』の制作進行を経て、2001年に『千と千尋の神隠し』にて監督助手に抜擢されたようで、確かにジブリ風な雰囲気は感じる。この新しいポイントをどう評価するかで本作の良し悪しが分かれると思います。個人的にはそれが映像の美しさにつながるのなら断然良いと考えるし、別に監督の前職場がなんであろうと目くじらたてるほどではないでしょう。
●映画フリー 
新ドラ劇場版、今年は新作で舞台は南極。現実では超過酷な環境だが、冒頭10分足らずでいきなり死にそうになりまくるのび太達の姿のとおり、この映画でもその辛さがよく表されている。ただ、物語自体は南極の下の古代都市を巡ってのアドベンチャーに移るのだが。意外なほどシリアスな要素もあって、単なる子ども向けでは終わらないという特徴が話題になった一作だった。
●CRUNCHYROLL 
映画はいつもドラえもんという万能な存在をどう封印するかがカギになるのだが、今作ではドラえもんが地味にドジでそのせいで窮地に陥る。氷漬けにされてたドラえもんや所々にある過去との繋がりを感じた時点でドラえもんらしいSFを感じられてそこは良い。どちらにせよ非常にアニメらしいドラえもん映画になったのではないでしょうか。かなり変わった部類としてシリーズの特殊作として語られることになるでしょうけど、それもいいものです。
ドラえもん

★【劇場版 ドラえもん を総復習!】

  • 第1作『のび太の恐竜』
  • 第2作『のび太の宇宙開拓史』
  • 第3作『のび太の大魔境』
  • 第4作『のび太の海底鬼岩城』
  • 第5作『のび太の魔界大冒険』
  • 第6作『のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』
  • 第7作『のび太と鉄人兵団』
  • 第8作『のび太と竜の騎士』
  • 第9作『のび太のパラレル西遊記』
  • 第10作『のび太の日本誕生』
  • 第11作『のび太とアニマル惑星(プラネット)』
  • 第12作『のび太のドラビアンナイト』
  • 第13作『のび太と雲の王国』
  • 第14作『のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』
  • 第15作『のび太と夢幻三剣士』
  • 第16作『のび太の創世日記』
  • 第17作『のび太と銀河超特急(エクスプレス)』
  • 第18作『のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記』
  • 第19作『のび太の南海大冒険』
  • 第20作『のび太の宇宙漂流記』
  • 第21作『のび太の太陽王伝説』
  • 第22作『のび太と翼の勇者たち』
  • 第23作『のび太とロボット王国(キングダム)』
  • 第24作『のび太とふしぎ風使い』
  • 第25作『のび太のワンニャン時空伝』
  • 第26作『のび太の恐竜2006』
  • 第27作『のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~』
  • 第28作『のび太と緑の巨人伝』
  • 第29作『新・のび太の宇宙開拓史』
  • 第30作『のび太の人魚大海戦』
  • 第31作『新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
  • 第32作『のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』
  • 第33作『のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
  • 第34作『新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』
  • 第35作『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』
  • 第36作『新・のび太の日本誕生』
  • 第37作『のび太の南極カチコチ大冒険』
  • 第38作『のび太の宝島』

サイトについて

シェアする

フォローする