案山子とラケット 亜季と珠子の夏休み

あの夏とラケットはわたしたちの一生の宝物

夏の佐渡島を舞台に、ソフトテニスを通じて2人の少女と周囲の人々に起こる変化を描いたハートフルドラマ。東京から日本海に浮かぶ島へと転校してきた中学3年生の亜季と、島で生まれ育った珠子。前の中学校で所属していたソフトテニス部で心に傷を負った亜季は、離れて暮らしていた父・雅也のもとにやってきたのだが、そんな事情を知らない珠子は、亜季にソフトテニスを教えてほしいとねだる。その熱意に押されて再びラケットを握る決意をした亜季だったが、村にはテニスコートがない。2人は廃校の校庭にコートを作ろうと奔走する。

原題:案山子とラケット 亜季と珠子の夏休み / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年4月4日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:井上春生
脚本:村川康敏
音楽:野崎美波

★【キャスト】
平祐奈、大友花恋、星田英利、小市慢太郎、関めぐみ、久保田磨希

【無料動画】

映画「案山子とラケット~亜季と珠子の夏休み~」予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日) 
長友のアモーレこと平愛梨の妹、平祐奈の初主演映画となっています。俳優としての腕は未知数でしたが、その初々しい輝きもプラスされて、劇中では魅力的に光っていたので良いのではないでしょうか。この時期だけの独特な芽生えを見せる新鮮な感じは何物にも代えられないですよね。あと、水浴びさせたり、川で亜希と珠子が水の掛け合いしてて、びしょ濡れになってブラを外すシーンとか、なぜちょっとエロシズムを感じさせる場面が幾度も入るのかな。
映画FUN (2016年1月25日) 
東京でいじめにあって心を傷だらけにした亜希が、リストラされて一念発起して田舎で農業を始めた父のところへ引越し。そこで出会った珠子がソフトテニス部だった亜希に一緒にテニスをやろうと屈託のない笑顔で誘いまくって、2人で小学校の廃校にテニスコートを作り始めるという物語。テニスをするだけならよくありがちだが、コートを作るところからスタートするのが、田舎っぽい。ゆったりとした空気でみずみずしい若さが眩しい映画でした。
BILIBILI(2016年3月13日) 
緑あふれる田舎の風景。やはり日本人のせいなのか、本能を直撃するのか、こういう光景は無性にあこがれてしまいます。もちろん実際の生活はすごく大変なのでしょうが。都会から田舎に移って、心を開放していく若者のストーリーはベタですが、やっぱり良いものです。ただ、案山子はどんな意味があったのでしょうか。タイトルにもなっているくらいですから、かなり重要なキーワードなのかなと思ったのですが、私の浅はかな力ではわからず…。
OPENLOAD (2016年7月17日) 
硬式テニスではなく、ソフトテニスの映画はこれが初めてらしいですね。ほんとか?と思いましたが、あまりぱっと思いつかないですね。出演者もほとんどがソフトテニス経験者。柳葉敏郎さんに限っては特別出演ですが、柳葉さんはソフトテニス好きでも有名で、予想以上のソフトテニス尽くしな映画です。それにしても主演二人の初々しさが際立ちます。美しい田園風景も観ていて飽きないし、最高の癒し映画なんじゃないでしょうか。