すんドめ4 The Final

すんドめ4 The Final

ついに完結!

「ヤングチャンピオン」にて連載、岡田和人のコミックを鈴木茜主演で映画化したシリーズ第4弾のエロティック・コメディ。英男は、胡桃に寄り添う謎の中年男が気になってしょうがない。男から高級寿司店でご馳走になった英男は、胡桃との料金は自分で支払うと強く主張した。京子たち浪漫倶楽部のメンバーは、このところ授業が終わるなりそそくさと帰る英男を尾行する。

原題:すんドめ4 The Final / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年10月9日 / 上映時間:70分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『すんドめ4 The Final』 DVD予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

自分の妄想を適度に発散させてくれる作品はこっそり楽しむにはこれ以上のない素材。そんな大人の娯楽作を満喫するなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、ウェブサイトにアクセスするだけで確認でき、ユーザー数も伸びています。サービスの中には、アダルト系の作品を別で専門に扱っているものもあるので、さらなる刺激を求めている人はそちらも合わせて利用すると大満足できるでしょう。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「すんドめ4 The Final」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『すんドめ4 The Final』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:宇田川大吾
脚本:宇田川大吾
撮影:ふじもと光明

★【キャスト】
鈴木茜、二宮敦、次原かな、高田健一、岩間天嗣、吉川けんじ、下元史朗、辰巳奈都子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.001.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
すんドめシリーズもついにラスト。長いようで短かった。ただ、厳密には鈴木茜のすんドめシリーズの最終作なので、きっと今後もいろいろな女優でリブート・シリーズ化を展開していってほしいものである。その時々の旬な若い女優たちが輝く作品として固定化すれば、きっと世の世界の純真な心を持った男子諸君は大盛り上がり出来るし、お世話になることもできるだろう。この作品が末永く愛されることを願っているし、その力があると確信している。
●映画フリー 
鈴木茜らしさが全開に発揮された作品だったと振り返ってみれば思う。「グラドル戦隊 退魔巫女戦騎トリプルランサー」や「グラビアヒロインUSA THE UNION 一蓮托生」、「ホームレス少女~貧乏少女の恋~」、「秘書課ドロップ」など多数のVシネマにも出演したが、この「すんドめ」が一番合っていた気がする。2010年の「月刊 鈴木茜 FINAL」にて引退となった彼女だが、これからも記憶に残る輝きは作品に刻まれ、美しいままである。
●BILIBILI 
このシリーズがどこまで続くのか見物でしたが、ここまでいけば大したものです。学校モノのエロティック・ラブコメは定番中の定番。きっといつの時代も好かれるパワーがあります。それはあのおおらかな青春の夢のようなフィールドで、もっとチャンスをつかみたかったという後悔なのか、今思えばなんであんな夢のような空間を満喫できなかったのか、不思議でなりませんが、そんな愚直な思いが結実したこの作品はバカにはできないのです。
●OPENLOAD 
転校生の胡桃に生まれて初めて一目惚れをしてしまい、彼女に翻弄されるうちに自身が変態でマゾヒストである事に気付いていった相羽英男。華奢な体型で不思議な雰囲気が漂い、掴み所が無い美少女という完璧な属性に虜にならないヴァージン・ボーイはいるはずもなく、全国の相羽英男はモヤモヤ、ハラハラするのだった。作品自体は原作からして、まさに「すんどめ」の物語であり、ゴールには到達しないのだが、それこそ青春なのだった。