ザ・ボス/The Boss

メリッサ・マッカーシー主演作

原題:The Boss
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:
上映時間:99分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 23%

アメリカでもトップの女性実業家の一人であるミシェル・ダーネル。富も名声も全て持つ彼女であったが、会社のインサイダー取引の容疑者として逮捕されてしまう。出所してきた彼女に対し、かつての幹部たちは皆冷たい態度をとる。秘書であったクレアの家に居候することになったミシェルは、なりゆきからガールスカウトのプロデュースをすることにする。

★【スタッフ】
監督:ベン・ファルコーン
脚本:メリッサ・マッカーシー、ベン・ファルコーン、スティーブ・マロリー
撮影:ジュリオ・マカット
音楽:クリストファー・レナーツ

★【キャスト】
メリッサ・マッカーシー、クリステン・ベル、ピーター・ディンクレイジ、キャシー・ベイツ

【無料動画】

The Boss – Official Trailer (HD)

The Boss - Official Trailer (HD)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

海外組みさん(2017年6月26日) 
映画の中のすべてが本当に面白かったです。最も面白かったのは彼女が女の子のスカウト会に入ったときでした。説明されていない部分が実際に孤児院にいて、理由を説明しなかったときと、彼女が終わったときの終わりだったときのことです。物語はダーネルで始まり、幼い少女が養子縁組の親になることによって何度も落とされ、怠け者のセットアップでは観客に私たちの願望をピンポイントする基準点を与えます。マッカーシーはそのバトンを持ってそれに乗ります。あなたが想像できるものに大まかに描かれたキャラクターを実際の生活の中に存在させる。
名無しさん(2017年7月13日) 
メリッサ・マッカーシーのファンであれば、間違いなくこの映画を好きになるでしょう。非常に豊かで豊かで成功した実業家がインサイダー取引のために刑務所に入り、戻って彼女の評判を取り戻そうとします。エンターテインメントのためにそれを覚えてお楽しみください。私たちはこの映画を録画し、何度もバックアップしてシーンを見直しました。私たちは何度も笑っていたので、何も聞こえませんでした。これは誰にとっても喜劇ではありません。子供たちはおそらくこれを見ていないでしょう。非常に強い言語があり、映画を通して性的なテーマがあります。マッカーシーは非常に才能のあるコメディアンパフォーマーであり、作家であり、このキャラクターは華麗だと思います。だから映画は間違いなく面白いです。