バトル・ロワイアル(1作目)

ねえ、友達殺したことある?

新法の下、無人島で殺し合いをさせられることになった中学生たちの混乱と、やがてそこから生まれる生きる力を、メッセージ色豊かに描いたバイオレンス・アクション。新世紀の初め、ひとつの国が崩壊した。自信を失くし子供たちを恐れた大人たちは、やがてある法案を可決、施行する。それが、新世紀教育改革法、通称”BR法“だ。年に一度、全国の中学校の中から1クラスが選ばれ、コンピュータ管理された脱出不可能な無人島で、制限時間の3日の間に最後のひとりになるまで殺し合いをする法律である。そして、今回それに選ばれたのは岩城学園中学3年B組の生徒たちだった。

原題:バトル・ロワイアル / 製作:日本(2000年) / 日本公開日:2000年12月16日 / 上映時間:113分 / 製作会社: / 配給:東映 / 製作費: / 興行収入:31.1億円 / 次作:『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』

★【スタッフ】
監督:深作欣二
脚本:深作健太
撮影:柳島克己
音楽:天野正道

★【キャスト】
藤原竜也、前田亜季、北野武、山本太郎、安藤政信、柴咲コウ、栗山千明、塚本高史、高岡奏輔、小谷幸弘、石川絵里、神谷涼、三村恭代、島田豊、松沢蓮、本田博仁、新田亮、池田早矢加、永田杏奈、金澤祐香利、加藤操、日向瞳、石井里弥

【無料動画】

バトル・ロワイアル(予告編)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
この無名時代だからこそできるような主役級の役者が勢揃いしているというゴージャスさ。なんて贅沢な映画なのだろうか。それにしてもかなりぶっとんだ内容で過激。日本はともかくアメリカだったら未成年にこんなことをやらせる映画は作れないだろう。ともかく良くも悪くも邦画のエッジが利いていてギラギラしていた時代だった。ここからどんどん漫画原作のライトな方向にシフトしていく残念な傾向が始まるのだが、その前の輝きを見せてくれる。
BILIBILI (2016年1月12日) 
ホラーアクションの問題作。公開時は話題にもなって、その是非が問われた。狂気じみたバイオレンス映画であり、生々しいヒューマンドラマにもなるという両面性をひとつにパッケージしているので、この作品にレッテルを貼ること自体が危険。それはつまり、人間なんてものは常に善悪をコロコロと変えていくという真理の表現でもある。藤原竜也がもう既に藤原竜也してることに驚いたり、今観ることで楽しめる要素もあるのでぜひ見てほしい。
DAILYMOTION (2016年1月17日) 
「今から殺し合いをしてもらいます」で有名な残酷殺戮スクールデイズ。殺し合わなければならない世界だったら、些細な感情が凶器と化す。色々な人間模様が手を変え品を変え楽しめた。仲間だと思ったら敵。逆も然り。そんな状況だからこそ信頼し合うことは尊いということを実感できる。弱肉強食の世界でこそ生の充実を体験できる。それを学校という最初の社会形成の場でするというのはしっかり必然性があることで、決してただのネタありきではない。