犬神家の一族(2006)

犬神家の一族

あの事件が再び映画に帰ってきた

76年に角川映画の第1作として公開され大ヒットを記録した同タイトルを、市川崑監督&石坂浩二主演という当時のコンビのままで30年ぶりにリメイク。昭和22年、信州諏訪・犬神財閥の当主佐兵衛が逝去。犬神家の顧問弁護士である若林はその遺言書を巡って家族内で問題が起きることを予期し、東京から探偵の金田一耕助を諏訪へ呼び寄せる。だが、金田一が諏訪に着いた日に若林が殺害される。

原題:犬神家の一族 / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年12月16日 / 上映時間:136分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

話題になった有名作品というのはそれだけの面白さが詰まっているものですが、まだ見たことがない人も、もう一度振り返ってみたい人も、オススメなのが動画配信サービスです。人気も増えているこのサービスは、ユーザー数も伸びも著しく、アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、身近になってきたのは疑いようがありません。ネット配信といっても、レンタル店でDVDを借りるのと基本は変わらないので普通に使えます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「犬神家の一族」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『犬神家の一族』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:市川崑
脚本:市川崑、日高真也、長田紀生
音楽:谷川賢作

★【キャスト】
石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、螢雪次朗

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
お祭り映画としては上々の出来です。何といっても初回作品を忠実になぞらえたとこは、なかなか興味ある所です。中途半端な現代劇にせず、大幅な脚本の変更もせず、初回作品を観た者にとっては安心出来る作品に仕上がっています。石坂浩二を始め、三条美紀、草笛光子、大滝修治、加藤武ら少し役所を替えて出ているのも面白いです。この辺の大御所は30年前とあまり変わっていないので、役者として、自分の身体を大切にする根性が感じられます。
●映画フリー
思い起こせば「犬神家の一族」は角川映画の第一作であり加えてそのヒットが角川映画の基礎を築いた、“中興の祖”に当る作品を、記念碑としてリメイクするのも納得できます。今回のリメイク版、第1作とはまさに真逆の演出である。1作目は力をこめて気を抜いたリアルな演出。今回は力を抜いて気をこめた様式美的な演出に見えた。荒々しい力に満ちた先回、研ぎ澄まされた美意識に包まれた今回。金田一と事件の距離感もメインの1作目とはかなり違う。
●DAILYMOTION
1作目は事件の只中を駆け抜けるのに対し、今回はあたかも事件そのものを温かく見守っていくちょっとした距離感がある。今作は1976年版のセルフリメイクなんだけど、問題になりそうな新キャストもまったく悪くない。特にはる役の深きょんの圧倒的存在感も見どころ。そこで成功していればいいかなという感じ。さすがにもうオリジナルもリメイクも知らない世代が出てきただろうし、どちらでもいいので観てくださいという感じになっているかな。
●VIDEOEYNY
2006年の作品の割に古い映像っぽさ、演出にしているのはオリジナルへの配慮と見ればいいのか。そうじゃないとオカシイですしね。脚本と配役が良いと時代が変わっても名作は色褪せないということの証明だろう。変わった部分もある。佐清を一途に愛する珠代と佐清の純愛がマッチングして、特にラブストーリー色が増したことで、よりロマンチックな味付けがされたという意味では、しっかり現代風になっている配慮ともいえるのですけど。