チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光

患者の死、そこには秘密があった

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチスタ”。そんな彼らが3回続けて手術に失敗、患者はいずれも死に至る。内部調査を引き受けた心療内科の医師・田口は真相を究明できぬまま事故と結論づけようとするが、報告書に納得できない厚生労働省の役人・白鳥は再調査に乗り出す。

原題:チーム・バチスタの栄光 / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年2月9日 / 上映時間:118分 / 製作会社: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:15.6億円 / 次作:『ジェネラル・ルージュの凱旋』

【無料動画】
(C)2008 映画「チーム・バチスタの栄光」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな目的に取り組む人間の葛藤や苦悩をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。これは2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、コストを最小におさえられるので、少ない作品を観たい人向け。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額でたくさん見れるので相対的には一番得です。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「チーム・バチスタの栄光」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『チーム・バチスタの栄光』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:中村義洋
脚本:斉藤ひろし、蒔田光治
撮影:佐々木原保志
音楽:佐藤直紀
主題歌:EXILE「You're my sunshine」

★【キャスト(キャラクター)】
竹内結子(田口公子)、阿部寛(白鳥圭輔)、吉川晃司(桐生恭一)、池内博之(鳴海涼)、玉山鉄二(酒井利樹)、井川遥(大友直美)、田口浩正(羽場貴之)、田中直樹(氷室貢一郎)、佐野史郎(垣谷雄次)、野際陽子(藤原看護師)、平泉成(黒崎誠一郎)、國村隼(高階権太)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
ドラマ版未視聴で観ました。なので情報不足のまま。元々、医療系のドラマだったり、映画だったりは個人的に受け付けなかったため、この映画もドラマも敬遠してました。しかし、個人的に阿部寛が好きで阿部寛が目的という単純な思考で観てみたところ、自分の想像してたストーリーと違って、ベタなありがちな医療系のストーリーと言うより、サスペンス要素の強い映画であったことに驚きました。そんなこともあるので案外鑑賞して見ると面白いです。
●BILIBILI 
暗くなりがちな医療サスペンスであるものの、要所要所笑いを絡ませていることで普段こういうジャンルに慣れていない人でもかなり観やすい。後半にかけて盛り上がるべきところで上手く盛り上がりきれていないところはあるものの、伏線回収からの真犯人はなかなかのグッドな展開。犯行が特別な考え方を持ったキャラクターではなく、隣にいてもおかしくないようなナチュラルさがあるのは良いですね。リアルな恐怖を引き出すにはピッタリでした。
●DAILYMOTION 
阿部寛の当たり役。コミカルさとサスペンスらしいシリアス差がテンポよくチェンジしていって、いつの間にか観終わっている。あのオチにやられました。ネタバレできないけど、こういうトリックはいいと思います。犯人像も含めて。原作の世界観は勿論、ストーリーも小説を映画に分かりやすくコンパクトにしていて、構成力の上手さが引き立ちます。吉川晃司は本当に芝居が上手いし、断然、歌より芝居の方が才能があるんではないでしょうか。