キングコング 髑髏島の巨神

キングコング 髑髏島の巨神

キングコングが驚異のリブートで大暴れ

1933年に製作された特撮映画の古典『キング・コング』をリブートしたアドベンチャーアクション。神話の中だけの存在とされてきた髑髏島が実在することが判明し、未知の生物の探索を目的とする調査遠征隊が派遣される。島内に足を踏み入れた隊員たちは、あちこちに散らばる骸骨や、岩壁に残された巨大な手跡を発見する。やがて彼らの前に、神なる存在である巨大なコングが出現。隊員たちは為す術もなく、凶暴な巨大生物から逃げ惑うが…。

原題:Kong: Skull Island / 製作:アメリカ(2017年) / 日本公開日:2017年3月25日 / 上映時間:118分 / 製作会社:Legendary Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億8500万ドル / 興行収入:4億9500万ドル

【無料動画】

映画『キングコング: 髑髏島の巨神』日本版予告編2

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

巨大な脅威が人間たちを襲うパニック・モンスター・ムービーはスケールの大きいエンターテインメントで見ごたえがあります。そんな大規模な大作を楽しむなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信は画質が低いのではと心配する声もありますが、それは昔の話。今ではDVDどころか最高画質クラスのハイクオリティな映像をテレビで見れるようになっているので、何も問題はありません。映像にこだわる作品も100%楽しめます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「キングコング 髑髏島の巨神」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『キングコング 髑髏島の巨神』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ(関連作品:『キングス・オブ・サマー』)
脚本:マックス・ボレンスタイン、ジョン・ゲイティンズ、ダン・ギルロイ、デレク・コノリー
撮影:ラリー・フォン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★【キャスト】
トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー、ジョン・グッドマン、ジン・ティエン、コーリー・ホーキンス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.7/1075%62
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.72/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター  
怪物だらけで全く飽きさせない、最高のエンターテイメント! キングコングは古いなんてもう時代遅れになった、見事に新生したキングコングは必見。過去作を見たことがないという人でも全く問題なしなので安心してほしい。そして、難しいストーリーも全くないのでそこも問題ない。序盤からクライマックス。めちゃくちゃな大バトルが展開されます。こんなにも痛快なコングは初めてです。このコングが次に戦う相手が楽しみです。
●SPACEMOV 
あらゆるオタク心を満たしてくれるテンションMAXになること間違いなし。エンディング後のオマケ映像は絶対に要注目です。それにしてもこの監督の腕は見事です。オリジナルのモンスターとしての怖さを現代版にブラッシュアップしつつ、リメイクで強化されたロマンス要素をあえて大幅に抜き取り、怪獣バトルに進化させる。これはオタクにしかできない荒業。監督はかなりの日本通のオタクでもあるらしく今作も日本要素がたっぷり。愛があります。
●DAILYMOTION 
あえて原作の「キングコング」のストーリーを排除して完全な怪獣映画にリニューアル。このアレンジは大成功。コングも巨大化してモンスターとしての迫力がスケールアップ。さらには巨大クモやオオダコなど奇々怪々な怪物も総出演。なんだこれは、怪獣アベンジャーズかと思うほどの豪華なモンスターキャスト。往年の東宝の怪獣映画を思い出させるつくりは、日本の懐古ファンなら喜びに歓喜して小躍りするほどの贅沢さ。感動してしまいました。