書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

私たちの青春を墨汁に込めて

全国の高校から集った書道部が書の腕とパフォーマンス競い合う「書道パフォーマンス甲子園」を題材にした青春映画。主演は成海璃子、共演に山下リオ、桜庭ななみら。監督は「マリと子犬の物語」の猪股隆一。書道家の父になかなか認めてもらえない書道部部長の里子は、部員たちと町おこしのための「書道パフォーマンス甲子園」の開催に向け立ち上がる。

原題:書道ガールズ!! わたしたちの甲子園 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年5月15日 / 上映時間:120分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

青春の1ページを綺麗に丁寧に切り取った作品はピュアさも詰まった懐かしい思い出に浸れる映画です。そんなドラマチックな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスが有効です。このサービスには2つのタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、少ないコストで済みます。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で支払うだけでも多くの作品を観れるので、映画三昧な日々をおくれます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:猪股隆一
脚本:永田優子
撮影:市川正明
音楽:岩代太郎

★【キャスト】
成海璃子、山下リオ、高畑充希、小島藤子、桜庭ななみ、市川知宏、森崎ウィン、森岡龍、坂口涼太郎、宮崎美子、朝加真由美

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN
ちょっとふっくらしてる成海璃子も可愛かったです。少し影のある美少女から、違う一面が出てきた頃なのかな…話はベタな青春モノ。目標を持って頑張る高校生ってだけで、キラキラしてて眩しい…こういう映画って、ベタだから良い気がしますね。キャスティングがしっかりしてて、ストーリーに破綻がなければ、ちゃんと観られます。個人的には桜庭ななみさんを一発で好きになった映画です。やっぱり持っている女優は違いますね。実感しました。
●映画の無料動画で夢心地
一番印象に残ったのが金子扮する池澤先生が里子のお父さんが学校に来たときに「いい書でしょう!、僕が忘れていた書です」自らの経験を語り別の意味で自分は教える資格のない顧問だった事を告白するシーンかな。書道でもなんでもキラキラしている若者たちは不変の魅力があります。それぞれが主役級のガールズストーリーなので、今観てもその俳優陣の豪華さは輝いて見える。これだけのメンバーをもう一回揃えたら大変なことになる。
●BILIBILI  
書道部が舞台という珍しい映画と侮ってみていたが、「なかなか上出来」の映画である。地方に押し寄せる不況の波、地元を活性化させようと努力する高校生、皆あっさりとした演技をしているがそれぞれが持つ苦悩をきちんと描き演じている。力作ではないが良作といえる映画である。使用している音楽も良い。そしてこの映画の「桜庭ななみ」、自然体の演技であるがなぜか輝きを持って演じている。いい女優である。負けられない強さに完敗。
●DAILYMOTION
仲間とケンカしたり仲直りしたり、失敗したり、傷ついたり、青春って忙しい。その一方で書道という入魂一発で文字に置き換える行動も対比になっていていい。書道パフォーマンスはなかなか面白いし、結構映画になるものだなと思ったり。部活物にしては地域住民が抱える問題等もきっちり描かれていて、ソコソコ深みを感じさせるので、気軽に流し見するだけでも良い体験ができるのです。これぞ日本という活動ですし、オススメですね。