ロスト・ワールド ジュラシック・パーク

ロスト・ワールド ジュラシック・パーク

シリーズ第2弾。惨劇はまた続く

現代に甦った恐竜と人間たちの戦いを描く冒険映画『ジュラシック・パーク』の続編。前作の悲劇から4年。ある日、インジェン社の会長ハモンドに呼び出されたイアンは、ある秘密を明かされた。実は「サイトA」である「ジュラシック・パーク」に恐竜たちを供給する遺伝子工場の「サイトB」がイスナ・ソルナ島に置かれていたというのだ。閉鎖され、放置された島では人知れず恐竜たちが生き延びて繁殖しているという。ハモンドはマルカムに島の調査を依頼され、ビデオ・ドキュメンタリー作家のニック、フィールド用装備の専門家エディと共に現地に向かったが、イアンの娘ケリーもトレーラーに潜り込んでいた。

原題:The Lost World: Jurassic Park(ジュラシックパーク2) / 製作:アメリカ(1997年) / 日本公開日:1997年7月12日 / 上映時間:129分 / 製作会社:Amblin Entertainment / 配給:UIP / 製作費:7300万ドル / 興行収入:6億1800万ドル / 前作:『ジュラシック・パーク』 / 次作:『ジュラシック・パークIII

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

人気シリーズの2作目はたいてい豪華になっているもの。鑑賞したくなるのは当然です。そんな見たいという欲望に答えてくれるのが、最近も利用者が増加する一方の動画配信サービス。その数は6人に1人というアンケート結果もあります。利用しない手はないです。そこで大切なのが自分が利用していないサービスを選ぶこと。初回無料のキャンペーンによって見たい作品動画をタダで鑑賞することができます。

重要になってくるのがどの動画配信サービスで視聴できるかという疑問ですが、このページで紹介されているサービスの一覧を参考にしてください。このサイトでは配信状況を定期的にモニタリングしてまとめています。最終的なチェックは各サイトで確認することになりますが、視聴のサイトが必ず見つかるはずです。動画サイトを発見したら、あとは視聴のためのステップはわずか。解約自体は簡単にできるので安心してください。しつこいメールが来たりするようなことはありません。

映画といえば字幕と吹き替えのどちらがいいか問題も常に話題ですが、今作は吹き替えの出来も素晴らしいので、あまり深く悩む必要はありません。文字を目で追いたくないのであれば、字幕でなく吹き替えを選ぶべきでしょう。

『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:デビッド・コープ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア、ピート・ポスルスウェイト、アーリス・ハワード、リチャード・アッテンボロー、ビンス・ボーン、バネッサ・リー・チェスター、ピーター・ストーメア、ハーヴェイ・ジェイソン、リチャード・シフ、トーマス・エフ・ダフィ

★【感想・批評】

●映画フリー
どんな作戦も装備も「勘違い野郎」が一人混ざるだけで崩壊するという極めて教訓的なエピソードをビックスケールの物語で示してくれるという贅沢な一作。いわゆる「ジョーズ」と同じ流れ。それに未知なる世界への夢と浪漫と驚きの冒険活劇をたっぷりトッピングして提供するのながら、もちろん大喜び。2作目ともなればその味に病みつきになった観客が列を作るのも当然というもの。恐竜のバリエーションも増えて目で見て楽しめる要素も単純にアップ!
●SPACEMOV 
欲深くて浅はかな人間ばっかり…。一生懸命に子どもをさがすティラノサウルスの方がよっぽどまともなのでは…。そんな風に思わせるのもスピルバーグの人間の悪い部分を正直に描く純真さあってこそ。終盤のティラノのサンディエゴ大行進はやはり何度見ても楽しく、この監督は基本は理屈とかではなく絵的な愉快さで映画を作る人なんだなとわかります。当時はもしかしたらこんな恐竜復活の技術が将来できるのかと思ったのですが、まだ大丈夫っぽい。
●VUDU
本作の最大の見どころは、ティラノサウルスが大都会で暴れまわるという点に尽きる。これさえできればスピルバーグは満足だったのだろうし、たぶん怪獣映画的なやつがしたかったのだろう。ちなみに金曜ロードショーなどのTV放送ではシーンカットもあるので、それで映画を観て採点するのは大きな間違いというか、論外。レンタルや動画配信サービスでフルで鑑賞しましょう。それで初めて本当の映画のクオリティが楽しむことができます。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする