エゴン・シーレ 死と乙女

28歳で病死した画家エゴン・シーレはどう生きたのか

20世紀初頭に活躍し、28歳の若さで早逝した異端の天才画家エゴン・シーレの半生を描いた伝記ドラマ。数多くのモデルと関係を持っていたシーレにとって、特に大きな存在となった2人の女性との濃密な日々が描かれる。1910年、美術アカデミーを退学したシーレは画家仲間と「新芸術集団」を結成し、妹ゲルティの裸体画で頭角を現す。ゲルティも16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた。グスタフ・クリムトから17歳のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女と同棲を開始。幼児性愛者などと世間から誹謗中傷を浴びながらも、シーレはヴァリをモデルに数々の作品を発表。シーレが時代の寵児ともてはやされる中、第1次世界大戦が勃発。シーレとヴァリは時代の波に翻弄されることとなる。

原題:Egon Schiele: Tod und Madchen / 製作:オーストリア・ルクセンブルク(2016年) / 日本公開日:2017年1月28日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:アルバトロス・フィルム

★【スタッフ】
監督:ディーター・ベルナー
脚本:ヒルデ・ベルガー、ディーター・ベルナー
撮影:カーステン・ティーレ
音楽:アンドレ・ジェジュク

★【キャスト(キャラクター)】
ノア・サーベトラ(エゴン・シーレ)、マレシ・リーグナー(ゲルティ・シーレ)、ファレリエ・ペヒナー(ヴァリ・ノイツェル)、ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ(モア・マンドゥ)、マリー・ユンク(エディット・ハルムス)、エリーザベト・ウムラウフト(アデーレ・ハルムス)、トーマス・シューベルト(アントン・ペシュカ)、ダニエル・シュトレーサー(ドム・オーゼン)、コーネリウス・オボンバ(グスタフ・クリム)

【無料動画】

エゴン・シーレ 死と乙女 – 映画予告編(15歳未満は見ちゃダメ)

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー (2017年2月16日) 
予備知識無しで見てわかるかというと微妙なところもあるけど、アートに対する理解はなくてもその半生に思うところはある。画家特有なのだろうか。めんどくさいこの性格。次々と女性モデルを乗り換えていくエゴン・シーレ。妹ゲルティから、モア、ヴァリ、結婚相手となるエディット…美しく妖艶で退廃的な女性たちは、いつもアーティストの人生を狂わしていく。絶対に芸術がどうとかいうけど、個人的な趣味嗜好も入っていると思うのだけど…。
●STREAMANGO (2017年3月17日) 
アルバトロスだって真面目な作品を配給するのです。画家としてのプライドや、絵に対するこだわりが強かったけど、それは彼の生き方とは対照的なのか、はたまた人生の投影なのかな。独裁者になったヒトラーは、同時期に成功したシーレに恨みを抱き印象派の作品をすべて没収したとか。そう考えると凄い人生というか、時代の中に生きていたんだな。ところで日本の春画が出てきたけど、影響されたのかな。意外なところで観た日本要素でした。