劇場版 とある魔術の禁書目録(インデックス) エンデュミオンの奇蹟

科学と魔術が奪いあう一人の少女

コミカライズやTVアニメ化、ゲーム化などメディアミックス展開する鎌池和馬の人気ライトノベルシリーズ「とある魔術の禁書目録」初の劇場用アニメーション。宇宙エレベーター「エンデュミオン」の完成が目前に迫ったある日、上条当麻とインデックスは、路上ライブで見事な歌声を響かせていた無能力者(レベル0)の少女・鳴護アリサと出会い、意気投合する。やがてアリサのもとに「エンデュミオン」開通キャンペーンのイメージソングを歌うという大役が舞い込むが、そんなアリサを魔術師を引き連れたステイルが襲いかかる。

原題:劇場版 とある魔術の禁書目録(インデックス) エンデュミオンの奇蹟 / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年2月23日 / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:錦織博
脚本:吉野弘幸
キャラクターデザイン:田中雄一
音楽:井内舞子、I’ve sound、IMAGINE

★【キャスト】
阿部敦、井口裕香、佐藤利奈、伊藤静、谷山紀章、能登麻美子、勝杏里、岡本信彦

【無料動画】

映画『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』予告編

映画『劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2013年3月10日) 
原作ファンのためのお祭り映画ですね。背景、戦闘シーンがきれいだったし、キャストの演技はいつも通り安心して見られた。原作の時系列の問題から、大覇星祭前以外に入れる場所がなかったことと、出来るだけ多くのキャラを出そうとしたため、特に後半が駆け足気味になってしまったのが残念。この作品は90分という短さが、逆に飽きる前にしっかり物語が完結するので、見ていて辛くならなかったです。特に中だるみのシーンとかも無く、派手なアクションシーンが連続して「お、ここら辺から話が盛り上がってくるのか??」と興味を向けると、あっという間にクライマックスに突入して終わります。あと、劇中のダンスシーンのコマ数が少ないので、もっと気合を入れて作ってもよかったのになぁと思います。
名無しさん(2013年3月24日) 
予想を良い形で裏切られました!バックサウンドもだいぶよく、戦闘シーンにおいては文句なしです!とある魔術と科学のアンサンブルとのつながりもわかり、アンサンブルをやってからこの映画は見るべきだと思います。ストーリー的にも、世界観がデカすぎる内容だったけど、近未来的には、アリでしょう。ほどよくお笑いり、ドキドキシーンあり、面白かったです。アイドルキャラをストーリーに入れると、本当に歌が上手じゃなかったら、ガッカリするし、作品自体も駄作になりかねないけれど、音楽嫌いな自分でも、本当に、いい歌でした。もちろん欠点もあります。上条さんの隣はインデックスではなく、やっぱり御坂でないとダメ、ということです。つまり上条さんの嫁は御坂でないとダメダメなんです。インデックスはやはりステイルの嫁がおさまりがいいのですよ。