リセット

動画『リセット』を無料視聴

原題:Vanishing On 7th Street
製作:アメリカ(2010年)
日本公開日:2011年2月5日
上映時間:91分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

ある晩、突然の停電とともに地球上の人々がナゾの消失を遂げた。電力が復旧しないまま、やみに包まれた夜の時間だけがどんどん長くなっていく。発電機によりかろうじて明かりの灯ったバーに、偶然にも消失を免れた4人の男女がたどり着く。彼らはやみの恐怖に怯えながらも、人類消失のナゾに迫る。

★【スタッフ】
監督:ブラッド・アンダーソン

★【キャスト】
ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン、ジョン・レグイザモ

【無料動画】

映画『リセット』予告編

映画『リセット』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年3月4日) 
原題は『VANISHING ON 7TH STREET』。「七番街の消失」とでも訳せましょうか。「七番街」は何を意味するのか?日本人に理解しがたいのも無理はありません。それが聖書の創世記の記述に由来するからです。神様が七日間で太陽や人間を創造したというお話です。つまり「七番街の消失」とは「七日目の消失」という意味です。ちなみに神様は七日目に人間(アダムとイブ)を作りました。そう、七日目を「リセット」してもう一度アダムとイブからはじめましょう、というのがこの映画のオチなんです。
名無しさん(2011年3月27日) 
何やら宗教臭い匂いを感じてはいましたが、やはりどうも聖書に纏わる話だったようで、分かる人には分かる映画だったみたいですね。結局、アダムとイブ的な話だったと言うことなのでしょうか?ただ邦題の【リセット】からでは、せいぜいリセットボタンを押してやり直すぐらいしか想像できませんから、しっかり本作の本質を見極められた方は、極一部の方に限られるのではないでしょうか。作品のコンセプトは、創造以来からの光と闇の芸術である映画にとって最良の選択だったと思う。実際、闇の存在感や、心もとない懐中電灯の光の温かみは空前絶後!まあ、日本人にはなじみづらい作品であることは否めません。