隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

あの名作が全く新しく蘇る

黒澤明監督による不屈の名作を、オリジナルに大胆な脚色を加えてリメイク。時は戦国時代。隣の小国・秋月を攻め落とした山名軍は、秋月の軍資金”黄金百貫”を血眼になって探していた。そんな中、山名軍の労役から逃げ出した武蔵と新八は、偶然にもその黄金百貫を発見。驚喜する2人の前に、真壁六郎太と名乗る野ぶせりが現われ…。

原題:隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年5月10日 / 上映時間:118分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」予告編

映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:樋口真嗣
脚本:中島かずき
撮影:江原祥二
音楽:佐藤直紀

★【キャスト】
松本潤、長澤まさみ、阿部寛、椎名桔平、宮川大輔、小松和重、田鍋謙一郎、坂野友香、中村橋弥、橋本じゅん、粟根まこと、川口節子、古田新太、生瀬勝久、ピエール瀧

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー
痛快娯楽時代劇でしたね。黒澤作品同様疾走感があり、上質なエンターテイメント作品で楽しめました。途中まであっという間で面白かったです。脇の椎名さん本当にダースベイダーで面白かった。安部寛さん、長澤まさみさんも良い味を出してたし素晴らしかった。主演の松本さんは本当に汚い格好でしたが、普段はとぼけているけど特に阿蘇ロケの部分での存在感はすごかった。職業的に腰を曲げて歩くのも大変だったかと思う。
●映画FUN 
宮川大輔さんとのコンビも非常に合っていた。ジャニーズ映画かと少し色眼鏡で見始めたけど、全くそういう要素は無かった。ジョージ・ルーカスがスターウォーズを「隠し砦の三悪人」を基に作成したことでも有名だが、それを日本が完全にリメイクして見せたらどうなるか。お手並み拝見と思っていたのですが、結構アレンジを加えつつ、独自の味付けを楽しめました。時代劇好きなら観ておくべきだし、良くも悪くも見やすくなっていますからね。
●BILIBILI
全く期待しないで観たのだがファーストカットから引き込まれた。気がつくと前のめりになって画面に釘付けになっていた。名作リメイクってあんまり面白く出来ないイメージだからどうだろうな~と思いながら見始めたのですが、イメージしてたように重くもなく気軽に楽しく見れて思った以上に面白かったです!お姫様と男三人もみんな個性があって良かった。格好良い阿部ちゃんと松潤が良いのはもちろん、お調子者の新八(宮川)も良い味出してます!
●VIDEOEYNY
バトルものが嫌いなうちの母でも楽しんでみれてたし家族で楽しめるエンターテイメント作品ではないでしょうか。終わり方も爽やかで良い気分で見終われる良い映画でした。オリジナル要素満載でコピーを重ねた結果、ちょっと実際の原型もわからないのですが、まあ、いいでしょう。火花が出る剣闘シーンとか鎧とかスターウォーズシリーズへのオマージュが多いのですが、いいのかそれでと終始ツッコんでいました。そこはあまり気にしていないんですね。