タイヨウのうた

夜だけ会おうよ。太陽が沈んだら迎えに行くよ

難病を抱える孤独な少女が、初めての恋を通して生きる喜びを見いだしていく姿をつづったラブストーリー。16歳の少女・薫は、太陽の光にあたることができないXP(色素性乾皮症)という病気に冒されている。深夜に駅前で歌うことだけを生きがいにしている薫は、サーフィンに熱中する青年・孝治と出会い、恋に落ちるが…。

原題:タイヨウのうた / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年6月17日 / 上映時間:119分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:小泉徳宏
脚本:坂東賢治
撮影:中山光一
音楽:YUI、椎名KAY太

★【キャスト】
YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一

【無料動画】

タイヨウのうた 映画 予告

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画フリー 
まだ薄暗い夜明けのなか、バイクでやってくる男を窓から食い入るように見つめる薫。そのシーンに穏やかで澄んだBGMが流れる。この情景がホント、たまらなくいい。部屋の中なんだから、安心して、心ゆくまで見つめてくれと言いたくなる。薫はまだ眠そうだけど、これから二度寝でもするのかな、ゆっくり二度寝できるって幸せだよなと幸せを分けてもらったような心をリラックスさせるような気分。一発で七里ヶ浜を好きにさせてくれた映画。
●VIDEOEYNY 
主演の俳優さんがアーティストだそうだけど、劇中の役柄とオーバーラップしてか、役者が演じる以上にリアルで自然感じがしました。回りを固める俳優陣の演技も自然で違和感が無いです。奇抜なカメラワークも無く、シンプルだけど丁寧な造りで落ち着いて楽しめました。主人公の魅力はもちろんだけど、彼女を取り巻く人々の愛情などもキュンキュン来ますね。YUIちゃんがとにかくカワイイ。彼女の魅力だけで80%は支えられている映画ですよね。
●BILIBILI 
YUIの歌声が透き通っていて本当に素敵。そして役者としてもこれがまた上手くマッチしていて。病気を抱えながら初めての恋に戸惑う不器用な感じが演技初のぎこちなさとぴったり合っていたので、素晴らしいキャスティングだなと思いました。お父さんの病院で担当医に泣きながら話すシーンは泣けました。塚本高志もいい味でてて、本当いい青年だなって感動して泣けました。すっかり懐かしい映画になってしまいましたが、いまも大切な一作です。
●DAILYMOTION 
彼女の生きようと思いと、考次への気持ちがあふれる「Good-bye days」が名曲。この時点で90点は叩き出している。そこからのドラマチックなストーリー展開。これでもう200点は余裕。YUIが好きになること間違いなし。きゅんきゅんするし、夏を感じる映画としてはダントツじゃないかな。七里ヶ浜に行った次の日にたまたま見たけど景色がフラッシュバックしてとんでもない感動が体を充満しました。映画が現実に影響を与える、良い経験だったな。