太陽の下で 真実の北朝鮮

太陽の下で 真実の北朝鮮

あなたの知らない北朝鮮の素顔

北朝鮮政府によって演出された「庶民の日常生活」の裏側を暴き、当局による検閲を受ける前にフィルムを外部へ持ち出すなど、さまざまな危険を冒して完成したドキュメンタリー。模範労働者の両親とともに平壌で暮らす8才のジンミ一家を通し、ロシアの撮影スタッフが庶民の日常を切り取るドキュメンタリー撮影のはずが、北朝鮮側の監督のOKが出るまで一家は繰り返し演技を強いられた。高級な住まい、親の職業、クラスメイトとジンミの会話、そのすべてが理想の家族のイメージを作り上げるために北朝鮮政府が仕組んだシナリオだったのだ。スタッフは、「真実を暴く」ことに撮影の目的を切りかえ、カメラの録画スイッチを入れたまま、隠し撮りを敢行する。

原題:V paprscich slunce / 製作:チェコ・ロシア・ドイツ・ラトビア・北朝鮮(2015年) / 日本公開日:2017年1月21日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:ハーク

【無料動画】

『太陽の下で-真実の北朝鮮-』映画オリジナル予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ビタリー・マンスキー
脚本:ビタリー・マンスキー
撮影:アレクサンドラ・イバノバ
音楽:カルリス・アウザンス

★【キャスト】
リ・ジンミ

★【インタビュー】
・ビタリー・マンスキー監督「私はロシアではなくラトビア共和国にすんでいるのですが、北朝鮮側は私がロシア在住ではないので制裁できないことを知り、私に直接連絡し、対話をはかろうとしてきたようです。手紙の内容は、私が日米の手先のスパイで人類のクソであるといったことが厳しい調子で書かれていました。その後は一転、“あなたが懐かしい、平壌にきて私たちと会いましょう、この先のプランを話し合うのは重要”といった手紙をもらいました」

★【雑学(トリビア)】
・撮影前の交渉で条件などの段階ですら合意するのに2年を要している。
・北朝鮮からの要請によりロシア政府はモスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長を務めるビタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表したものの、韓国、アメリカ、ドイツなど20都市以上で上映された。

★【感想・批評】

●映画FUN 
表向きは大元帥様方がお導き下さる素晴らしい祖国。しかし、本音は困惑しているような、迷惑しているような、それを表したかのような気まずい表情がいっぱい浮かぶ。まるでカメラが回っていないときのオフの状態。それを隠し撮りしているので、本当にめちゃくちゃな素が写っている。偉い人の話で居眠りするとか、信じられない。その偉い人もちゃっかりやらせであるというのもまたオカシイ。そんなことだから眠るのも無理はないのだけど。
●映画の無料動画で夢心地 
監督の言葉「生まれると誰もが予防接種されますね、でも効果は永遠ではないそうですよ。日本でも戦前、全体主義の辛い時代がありました。予防接種の効果が永遠に続くと思わないでください。ご自分の健康に留意し、ご自分の自由を大切にしてください」この皮肉、強烈だ。私たちは北朝鮮を全然笑えない。いつそれがぶり返すかわからない。いや、今も北朝鮮と同じコースをたどっているのかもしれない。そんなことを感じるだけの脳みそがあるならマシだ。