家族X

動画『家族X』を無料視聴

原題:家族X
製作:日本(2010年)
日本公開日:2011年9月24日
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

2008年ぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞した吉田光希監督が撮り上げた商業デビュー作。東京郊外の新興住宅地に暮らす橋本家の妻・路子は、ごく普通の幸せな生活を手にしたと信じていた。しかし失業の危機にある夫とは会話もしなくなり、就職浪人の息子ともすれ違っていく。家族と食卓を囲むことがなくなっても、孤独に毎日食事を作る路子は次第にバランスを失っていき崩壊していく…。

★【スタッフ】
監督:吉田光希
脚本:吉田光希
撮影:志田貴之
音楽:世武裕子

★【キャスト】
南果歩、田口トモロヲ、郭智博、筒井真理子、村上淳、森下能幸

【無料動画】

映画『家族X』予告編

映画『家族X』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年10月4日) 
セリフがとても少なく、主演の南果歩さんが家事をしているシーンで占めるが、さりげなくカメラに映りこむものや事柄にセンスが溢れていた。特に中盤の住宅地を歩くシーンが秀逸だと感じた。家庭内でお互いに行方不明になってしまった家族のそれぞれの居場所で起こるあれこれを最小限のセリフ描く。自己顕示、存在意義、承認欲求。画面から滲み出てくるあれこれを受け自分の家族に想いを馳せる。ささやかな希望を見せるラストシーンの表現の仕方が素敵。もろく崩れやすい人間関係の隙間を埋めるのはきっと、互いへの少しの関心と配慮だ。
名無しさん(2011年10月16日) 
郊外のきれいな一軒家住まい、夫息子と3人暮らし、専業主婦、何不自由なく幸せに見えるおうち。だけど路子の心の中はがらんどうのようだ。路子は孤独感を募らせ、取り残され、壊れていく。てっきり女性監督かと思っていたけど、若い男性の監督だと知り意外だった。旦那や息子がなかなかゆっくり食卓に座ろうとしないのも、理由があるのだろうし。大事な存在なんだけど、すれ違ってしまう家族。路子が家事をする何気ない所作の中に意味があって、家事の仕方でその人の生き方や性格が浮き出てくる気がして、興味深くみました。