ブラインドマン その調律は暗殺の調べ

リュック・ベッソンがプロデュース、盲目の暗殺者が動き出す

原題:A l’aveugle
製作:フランス(2012年)
日本公開日:2013年3月16日
上映時間:94分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

最愛の妻を亡くした刑事と視力を失った暗殺者の交錯する運命を描いたノワールサスペンス。妻を亡くして自暴自棄になっていたベテラン刑事のラサールは、パリの高級マンションで発生した若い女性の殺人事件を捜査することになる。やがて捜査線上には被害者の元恋人が容疑者として浮かぶが、ラサールは事件前日に被害者宅を訪れていた目の見えないピアノ調律師ナルヴィクに疑いを抱く。

★【スタッフ】
監督:ザビエ・パリュ
脚本:エリック・ベナール、リュック・ベッソン
撮影:ミシェル・アマテュー

★【キャスト】
ジャック・ガンブラン、ランベール・ウィルソン、ラファエル・アゴゲ

【無料動画】

映画『ブラインドマン その調律は暗殺の調べ』予告編

映画『ブラインドマン その調律は暗殺の調べ』予告編

(c)2011 EUROPACORP – FRANCE 2 CINÉMA


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月3日) 
目が視えないという部分がカギとなっている映画です。ゆえにか、盲目の暗殺者と云う設定を意識して強引に進めようとするあまり、キャラクターにかなり無理をさせているプロットでもあります。しかし、良く調べると、この作品は製作の名に「リュック・ベッソン」の名前が。そして、制作も彼の会社ヨーロッパコープじゃないですか。なら、この無茶っぷりも理解できますね。勢い任せなのはこの人物の得意とするところであり、平常運転です。
映画フリー (2016年1月5日) 
「96時間」「トランスポーター」のヨーロッパコープが手がけているわりにはアクションが抑え目で、フランス・ノワールのような静かなサスペンスを狙っているのかもしれない。その点で成功しているかどうかは各人の判断に任せるが、殺しの手口やトリックなどの雑さはおいといても、ビジュアル的な表面の方は良くできているほうではないか。ヒロインの女優さんがなかなか綺麗なのは、リュック・ベッソンの好きな女性を用意でもしているのかな。
OPENLOAD (2016年1月9日) 
盲目の暗殺者と孤高の刑事の緊迫した駆け引きと互いが認めあう男の友情が主軸となるサスペンスです。ジャケットは非常に渋く、なんかターミネーター感さえありますが、そこまでイカツイ格闘やバトルはありません。ヒロインの女優が美しく、思わずネットで調べてしまいました。ラファエル・アゴゲ。フランスの女優で、正統派なクールビューティ。まだ出演作はあまりなく、日本で視聴できるものも少ないのですが、活躍してほしいですね。
DAILYMOTION (2016年5月25日) 
中盤に警察官の職場恋愛のパートが入るのが、リュック・ベッソンらしいというか、フランスらしいというか。色恋のロマンチックなやつが好きですね。緊張感やスピード感が今一つ不足している分は、そちらに容量を割り当てたのでしょうか。刑事の息子が恐らくゲイだと思うのですが、あまり突っ込まれずに終わるのは逆にさりげなくて良かったかも。目で演技などできない制約の中で、役者は非常に上手く感情表現を示していて感心しました。