タイタニック(1997)

映画史に残る感動傑作

北大西洋上で氷山に衝突し、20世紀最大の海難事故となった豪華客船タイタニック号の悲劇を描いたスペクタクル超大作ラブ・ストーリー。1912年。イギリスのサウサンプトン港から処女航海に出ようとするタイタニック号に、賭けで勝ってチケットを手に入れて三等に乗り込んだ画家志望の青年ジャックがいた。17歳のローズは上流階級のアメリカ人で、大資産家で婚約者のキャル、ローズの結婚を強引に決めた母親ルース、コロラドの富豪夫人モリー・ブラウンと一緒に一等船室に乗る。ローズがキャルとの婚約に疑問を挟んで、船の舳先から飛び降りようとしたのを助けたのがジャックだった。

原題:Titanic / 製作:アメリカ(1997年) / 日本公開日:1997年12月20日 / 上映時間:189分 / 製作会社:Paramount Pictures / 配給:20世紀フォックス / 製作費:2億ドル / 興行収入:21億ドル

★【スタッフ】
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:ラッセル・カーペンター
音楽:ジェームズ・ホーナー

★【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー、ビル・パクストン、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイド、ヴィクター・ガーバー、デヴィッド・ワーナー

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【雑学(トリビア)】
・2012年に3Dリマスター版が製作され、日本では2012年4月7日に公開された。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月15日) 
説明の必要がない名作であり、売れに売れた超特大ヒット作品です。当時を知らない人も今では多いでしょうが、あのテーマ曲も含めて、主人公とヒロインが船上で抱き合うシーンは、子どもから大人までみんなマネしていました。なぜここまで人を惹きつけたのかといえば、きっとタイタニックという船の悲劇性がシンプルに響いたのと、主演のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの圧倒的な美しさです。今見ても圧倒的に綺麗です。
OPENLOAD (2016年1月17日) 
言わずと知れた名作ですが、まだ見ていないという人もいるかもしれません。3時間越えの大作なので、鑑賞には時間が必要ですが、観て損はない凄まじいエモーショナルな感動が襲ってきます。視覚効果としても船のセットなどを精巧に作り上げ、それを豪快に沈没させるシーンは、さすがジェームズ・キャメロンと拍手したくなるクオリティ。ロマンス、サスペンス、ミステリー、パニックとジャンルを全部のっけた豪華客船らしい映画でした。
DAILYMOTION (2016年1月18日) 
何度観ても泣いてしまう。たとえ片手間で流し見していても涙が…。ローズとジャックの壮絶な悲恋はもちろんのことですが、演奏し続ける楽団、ベッドで抱き合い最期を迎える老夫婦、親子、職務をまっとうし続ける船員に胸がしめつけられます。船で生まれた恋愛が、船と共に沈んでしまうという裏表関係が良くて、しかもそれをひっくり返る船という形で視覚的に表現しているのも印象的。悪いことは言いませんから一度はぜひ視聴しましょう。