ザ・スティール

盗まれたのは「自分」!

原題:SELFLESS
製作:アメリカ(2008年)
日本公開日:2013年10月(DVDスルー)
上映時間:81分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

見ず知らずの者にIDを乗っ取られ、濡れ衣を着せられた将来有望な若手建築デザイナーが、人生のどん底から這い上がる新感覚サイコロジカル・サスペンス。空港の搭乗待合所で人物スケッチをしていたディランは、そこで知り合った客室乗務員のアンに自分の絵を見せるため、向かいの席で電話をしている男を描いて見せていた。すると電話を終えた男が凄い剣幕で近づき、絵を渡すよう要求するのだった。ディランは仕方なく絵を渡しその場を去ったが、男は怒りを抑える事はできなかった。なぜなら経歴詐称の疑いにより職を失い、電話口で何度も許しを請う姿をスケッチされていたのだ。行き場の無い怒りに震えながらディランの忘れて行った建築雑誌を手に取った男はある事に気づき、行動を実行に移すのだった…。

★【スタッフ】
監督:ジェイコブ・パンダー
脚本:アーノルド・パンダー、ジェイコブ・パンダー
撮影:ケヴィン・フレッチャー

★【キャスト】
ジョシュア・レンガート、モー・ガリーニ、ジェン・ホン、オクトーバー・ムーア、ティム・ブロース

【無料動画】

映画『ザ・スティール』予告編(日本語字幕)

映画『ザ・スティール』予告編(日本語字幕)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2013年12月27日) 
ヤコブ・パンダー監督が手がけるアクション・サスペンス…ということなのだけれども、監督も出演俳優も聞いたことがない人ばかり。殺人犯に仕立て上げられた主人公といい、どこかで聞いたことがある設定の既視感が凄まじいが、関わっている人が知らない人なので変な未知のものを観ている感じが残る。肝心の中身はB級映画っぽさは否めないのですが。逆に俳優目当てで視聴する人はいないでしょうから、そこは欠点になってしまうかもしれない。結局、ディランはウェスリーのパスポートの写真を自分のものに変えて、ウェスリーという人物として生きていく事にしたという、ありきたりなオチではありますが、こんなものかな。