天使の分け前

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞

原題:The Angels’ Share
製作:イギリス・フランス・ベルギー・イタリア(2012年)
日本公開日:2013年4月13日
上映時間:101分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
88% Rotten Tomatoes

第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で審査員賞を受賞。

ケン・ローチ監督による、スコットランドを舞台に恋人や家族からも見放されていた青年が信じられる仲間を得たことで前向きになっていく姿を笑いや涙を交えて描くドラマ。ケンカの絶えない人生を送るロビーは、恋人レオニーや生まれてくる赤ちゃんのために人生を立て直そうとするが、なかなかまともな職に就けず、またもトラブルを起こしてしまう。服役の代わりに社会奉仕活動を命じられ、そこで3人の仲間と出会ったロビーは、奉仕活動指導者でウイスキー愛好家のハリーからスコッチウイスキーの奥深さを教わり、テイスティングの才能が開花。仲間とともに1樽100万ポンド以上する高級ウイスキーに人生の大逆転をかける。

★【スタッフ】
監督:ケン・ローチ(関連作品:『ルート・アイリッシュ』)
脚本:ポール・ラバーティ
撮影:ロビー・ライアン
音楽:ジョージ・フェントン

★【キャスト】
ポール・ブラニガン、ジョン・ヘンショウ、ゲイリー・メイトランド、ウィリアム・ルアン

【無料動画】

映画『天使の分け前』予告編

映画『天使の分け前』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2013年5月19日) 
大好きなケン・ローチ作品です。殆どの彼の作品は悲しい終わり方だったり、絶望的だったりするのですが、今作は幸せな気分になれました。ストーリーの運び方も軽妙で暖かく、犯罪ではありましたが、何だか応援してしまいました。それにしても、大金を出して買ったワインを試飲して、感激する落札者!お金は持ってても味はわからない人だったのですね。そこに監督らしい気の利いた皮肉を感じで笑ってしまいました。
名無しさん(2013年5月19日) 
凄く面白いのに、観賞直後はこの窃盗行為に納得がいかなくて、もやもやとしてしまいました。でもやっと分かりました。あの幻のウイスキーに、100万ポンドの価値があるように思い込まされているだけだって。その価値はお金持ちのえせウイスキーマニアにとっての価値であって、それは富裕層の道楽にすぎないんですね。希少価値のあるウイスキーには払えても、社会貢献の為には払わない上流の人たち。一杯くらいいいじゃないですか。