復讐捜査線

メル・ギブソンの7年ぶりの映画主演作

英BBCのTVシリーズを、7年ぶりの映画主演となるメル・ギブソン、マーティン・キャンベル監督で映画化したアクションドラマ。ボストン警察殺人課に勤務するベテラン刑事、トーマス・ブレイクンは病に倒れた一人娘のエマを病院に連れて行こうとする。しかし家を出たその時、何者かが彼女を狙撃、エマは父の腕の中で息を引き取った。規則によりトーマスは事件の捜査担当を許されず、同僚が担当することとなり「トーマスに個人的な恨みを持つ者による誤射」と見て捜査を開始。ところがトーマスは別の目的として並行するように自ら娘の命を奪った犯人の足取りを追う。その中で、トーマスはエマが勤務していた軍需企業が犯罪行為を行なっていたこと、エマがそれを暴露しようとして命を消されたことを知るが…。

原題:Edge of Darkness / 製作:アメリカ・イギリス(2010年) / 日本公開日:2011年7月30日 / 上映時間:116分 / 製作会社:GK Films / 配給:ポニーキャニオン

【無料動画】

『復讐捜査線』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:マーティン・キャンベル
脚本:ウィリアム・モナハン、アンドリュー・ボーベル
撮影:フィル・メヒュー
音楽:ハワード・ショア

★【キャスト】
メル・ギブソン、レイ・ウィンストン、ダニー・ヒューストン、ボヤナ・ノバコビッチ、ショーン・ロバーツ、デヴィッド・アーロン・ベイカー、ジェイ・O・サンダース

★【感想・批評】

●映画フリー
最近のアクションばかりのハリウッド映画より内容も濃く、いかにもありそうな現実味もありなかなかのサスペンスで本当に良かった。あれこれ理屈をこねずまっしぐらに復讐を果たす展開がいいです。復讐映画ばかり出ていて似たような役が多い我らがヒーロー、メル・ギブソンですがわかっちゃいてもこの手の映画は堪らなくよだれが出る。娘がショットガンで吹っ飛ぶシーンと秘密を打ち明けた娘の友人が車のドアごと轢かれるシーンとか褒めだしたらキリがない。
●映画FUN 
非常に良かったです。メル・ギブソンには、こうゆう作品が一番魅力を引き出せるのではないかと思います。まだまだアクション主演俳優の貫禄はありますよ。年をとったことでさらに渋みがでて良い感じ。リメイク作品だということですが、うまく出来ていると思います。邦題はなんかヘン過ぎますが、同じ名前のゾンビ映画があるらしいので仕方ないのかな? 復讐というほどのリベンジさはありませんが、なによりもメル・ギブソンで一気に持っていかれました。
●STREAMANGO 
クールで渋い。これぞ男。リメイクだそうですがタイミング的には最近流行りの親父が復讐するやつの定番の一本。テンポよく軽快に無双しまくるんではなくて娘の死の真相を結構正攻法でじっくり真面目に捜査します。だからあまりパッケージに騙されないで。この見せ場の少なさや全体の雰囲気的にもやっぽ70年代クライムサスペンス風といいますか、変に派手にしないあたりに好感。ラストのささやかな現実からの乖離は泣けてくるし、やっぱり好きです、これ。