アイボリー・ゲーム

レオナルド・ディカプリオが製作

原題:The Ivory Game
製作:オーストリア(2016年)
日本公開日:2016年(Netflix配信)
上映時間:112分
製作会社:Vulcan Productions
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
88% Rotten Tomatoes

アフリカにてゾウの密猟と違法な象牙取引に立ち向かう野生動物保護活動家に迫るサスペンス・ドキュメンタリー。大自然で雄大に暮らすアフリカゾウに忍び寄る魔の手は想像以上に闇深い。その闇に迫る人々を追いかける。2016年のトロント国際映画祭でピープチョイス賞にノミネートされるなど高い評価を受けた。

★【スタッフ】
監督:Kief Davidson, Richard Ladkani

★【キャスト】

【無料動画】

The Ivory Game | Official Trailer [HD] | Netflix

The Ivory Game | Official Trailer [HD] | Netflix


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年8月17日) 
アフリカの象牙密猟の最前線を捉えたドキュメンタリーで、日本の可愛い動物ばかりを出しまくる動物番組では絶対に取り上げない内容。ほんと日本もこういう番組をもっとつくるべきだろうと強く思います。芸能人がペットを飼っている姿ばかりじゃなくてね。話を戻すと、このドキュメンタリーはかなりリアルな現場を押さえており、かなりの衝撃。さすがにゾウが殺される瞬間はないですけど、死体は映ります。これが現実なのかと思うと気分が暗くなりますね。
名無しさん(2017年8月23日) 
単なる「動物を守りましょう」みたいなお気楽動物愛護番組とはわけが違う。密猟をとりまく恐ろしい裏組織の存在に潜入したり、武器を携帯して夜の草原を監視する緊張感ある現場だったり、とにかく生々しい。まるで戦場ドキュメンタリーのようです。住民との軋轢を描いている場面なのでは、安易にゾウを守ればいいという発想は虚しく役に立たないことがよくわかります。それにしてもこんな過酷な環境の中で、命もかけながら必死に取り組む、関係者の姿は勇ましいです。これぞヒーローです。そういえば、レオナルド・ディカプリオが製作なんですね。この手の自然保護にちゃんと関心があってカネも出す、こんな著名人が日本にも欲しかった…。