瞬 またたき

涙でページがめくれないと話題の小説を映画化

原題:瞬 またたき
製作:日本(2010年)
日本公開日:2010年6月19日
上映時間:
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

河原れんの小説を磯村一路が映画化したラブストーリー。美大生の淳一と泉美は、幸せな毎日を送るカップル。ある日、バイクで花見に出かけた帰り道でとトラックとの衝突事故に遭ってしまう。泉美は奇跡的に生き残るが、最愛の恋人とともに事故の記憶をも失ってしまう。苦しみと戦いながらも「最後の真実」を求める泉美が目の当たりにしたのは、極限状態の中で淳一の本能的な愛が生んだ奇跡だった。

★【スタッフ】
監督:磯村一路
撮影:柴主高秀
音楽:渡辺俊幸

★【キャスト】
北川景子、大塚寧々、岡田将生、史朗、永島暎子、深水元基、千崎若菜、清水美沙

【無料動画】

映画『瞬 またたき』予告編

映画『瞬 またたき』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月13日) 
好きな人を目の前で失うことの辛さは経験しないとわからない。でもこの映画を観るとその苦痛がほんの少しだけかもしれないけれど伝わってくる気がする。このような話は、実際に当事者でないと、悲しみや辛さは絶対に解らないと思いますが、それを一部でも伝わればという切なる願いがこの作品には詰まっていると感じた。派手さのない映画ですが素敵な映画でした。おそらく人生で違うときに何度かみればまた違った思いになるのではないか。
名無しさん(2016年1月25日) 
冒頭から地を這うような展開が続く。所々に描かれる純一との思い出のシーンが切ない。確かに見る人によって感想や評価割れるのも理解できる。今作を観てつまらなかった人も泣けなかった人もまったく普通であり、変ではない。いつぞや自分がそんな経験をした時に(もちろん経験しない方がいいが、避けられないときもある)、そして自分が喪失感にかられてしまった時に、あーそういうことだったのかとストンと理解できればいいのです。だからこの映画を忘れずにどこかにしまっていてほしい。いつかまた見る時がくるから。