ホラーの天使

ホラーの天使

その扉を開けてはいけない

「放送禁止」シリーズの長江俊和監督が、注目若手女優・葵わかな主演で描いた本格ホラー。現在はスタジオとして使われている廃校。このスタジオでは、かつてイジメに遭った女子生徒が地下室に閉じ込められたまま行方不明になったという事件から、「アザミの呪い」と呼ばれる怪奇現象が続発していた。そんな廃校で、撮影の待ち時間を過ごす2人の若手女優や合宿生活中のアイドルユニット3人組、ネタ合わせをするコンビ芸人らが、次々と恐ろしい出来事に見舞われていく。

原題:ホラーの天使 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月26日 / 上映時間:85分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:長江俊和
脚本:長江俊和

★【キャスト】
葵わかな、恒松祐里、水谷果穂、矢倉楓子、藤田みりあ

【無料動画】

ホラーの天使

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年12月1日) 
若い子たちのフレッシュな感じがいいです。オチもなかなかいいです。いわゆる若手女優出演のホラー映画であるが、主演の葵わかなさんをはじめ、恒松祐里さん等々、すでにいくつもの作品に出演していることもあり、演技崩壊とはなっておらず、怖くはないものの及第点といった感じのホラー。廃校をスタジオにした建物で起こる惨劇なわけだが、3人の若手アイドルグループ、2人の芸人、撮影中の2人の少女、それぞれの視点でストーリーが進んでいく。若い才能を温かい目で見守る映画です。
映画フリー (2016年12月21日) 
序盤、竹中直人さんが登場してスタジオで起こった怖い出来事を語るシーンがあるが、これはあくまでも雰囲気作りで、後に起こる物事とはまったく関係ない。さて、3つの視点で描かれている本作だが、ストーリーが進むに連れて、徐々に怖さが増長していき、終盤近くになって3つの視点で描かれていたものが実は…というちょっとした驚きがある。使い古された手ではあるものの、「ああそうなってたのね」と納得することだろう。アザミに関しては、暗い画面で登場するので、ビジュアルによる怖さはないのがもったいない。またアザミが登場する前、背景などに鏡が多く登場するのに、鏡の中での効果がまったくないのが少し残念だが、面白いホラーではあった。
BILIBILI (2016年12月24日) 
ハンディカメラで撮っている感じなのか。今ならもっとスマホを駆使した映像テクニックや演出もある気がするが、そこまでは攻めないのが残念。基本はアイドル映画なので、本格的ホラーを期待するのは危険です。ただ、アイドル映画としても中途半端さは否めず、まず登場人物が多すぎますよね。結論としては余計な行動をしてはいけない、ダメと言われたら絶対にやってはダメ、あからさまに危ないことはするな、不審な場所や行動には気をつけろ…という小学校の学校集会で先生から受けそうな指導を徹底して守りましょうということです。