金メダル男

内村光良が監督・原作・脚本・主演も務めたコメディ

「ウッチャンナンチャン」の内村光良が3年ぶりに撮り、監督のみならず、原作・脚本・主演も務めたコメディドラマ。2011年に東京・サンシャイン劇場で上演された内村の1人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとに、あらゆる一等賞を獲得することに挑み続ける可笑しな男の人生を描く。東京オリンピックで日本中が盛り上がる1964年、長野県塩尻市で生まれた秋田泉一は、小学校時代に徒競走で一等賞になり、一番になることの素晴らしさを知る。それ以降、泉一は、絵画から火おこしまで様々な大会で金メダルを獲得していく。いつしか「塩尻の神童」と呼ばれるようになった彼は、その後もすべての金メダルを獲るべく奮闘を続けるが…。

原題:金メダル男 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年10月22日 / 上映時間:108分 / 製作会社:博報堂DYミュージック&ピクチャーズ、デジタル・フロンティア / 配給:ショウゲート

【無料動画】

金メダル男 予告編

(C)「金メダル男」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:内村光良(関連作品:『ボクたちの交換日記』)
脚本:内村光良
撮影:神田創
音楽:林祐介、リエ&パーティーモンスター、内村光良

★【キャスト】
内村光良、知念侑李、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭鶴瓶、大西利空、大泉洋、上白石萌歌、大友花恋、ささの友間

★【雑学(トリビア)】
・TV番組『ヒルナンデス!』とコラボしている。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
内村光良さんが演じる主人公のひた向きさに惹かれます。真っすぐな心の大切さを学べるいい映画でした。共感を得られない人間の物語ではあるからこそ、自分が共感できるベストフィットな箇所を探しながら観ると良いかもしれない。これは自分探しの旅であり、ただのお笑いではないのだ。一等になれるということは、それ以外の人は一等ではないということ。一番ということの残酷さにもしっかり提言しているので、綺麗ごとではない感じもまたいい。
●映画FUN 
ウッチャンは監督も脚本も主演もできるなんて凄いです。様々な金メダルのエピソードが伏線となり、一本の筋道が気持ちよく繋がるミステリー調の脚本はウッチャン渾身の作品と感じます。「所詮芸人の映画だし…」という諦めに似た感情を持っているならそれはやめたほうがいいです。だって頑張りがありますから。成功した芸人が作るのも変な感覚になるが、よく考えればお笑いほど競争の激しい世界はない。一番の苦労人なのかもしれない。
●BILIBILI
内村自身による「東京オリンピックの男」という、2011年の一人芝居が元になっているらしいですが、つまり映画は自分でオリジナルを発展させた形なんですね。内容的には、わかりやすくて笑いは散りばめられているものの、特別感動できるといった昨今の邦画にありがちなまとめにはしていません。舞台版は、内村自身が孤軍奮闘、舞台を駆け回り、小道具・大道具を引っ張り出し、ダンスするので、そちらも見比べると良いと思います。ぜひ。