造られた殺人

真実と嘘の概念を打ち破る衝撃のサスペンス

原題:The Exclusive: Beat The Devil’s Tattoo
製作:韓国(2015年)
日本公開日:2016年11月19日
上映時間:125分
製作会社:
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

誤報をスクープとして報道した記者と、誤報と知らずにスクープ記事の後追い記事を迫る上司、さらに真実をつかもうとする刑事との緊張感ある対立関係をブラックユーモアも織り交ぜて描いたサスペンススリラー。記者ホ・ムヒョクは、連続殺人事件に関するスクープをつかむ。しかし、入手した連続殺人犯の自筆メモが、小説の一節であることを知ったムヒョクは、スクープが大誤報であったことを悟り、自身の失態に不安な毎日を送ることとなる。スクープが誤報であることを知らない報道局の上司からは、事件の続報を迫られ、連続事件の捜査を続けていた刑事からは疑いの目を向けられるムヒョク。そんな中、ムヒョクの誤報どおりの殺人事件が実際に発生してしまう。

★【スタッフ】
監督:ノ・ドク(関連作品:『恋愛の温度』)
撮影:パク・ヨンス
音楽:チョ・ヨンウク

★【キャスト】
チョ・ジョンソク、イ・ミスク、イ・ハナ、キム・デミュン、ペ・ソンウ

【無料動画】

「造られた殺人」予告編

「造られた殺人」予告編

(C)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年12月10日) 
基本的な流れとしてコミカルな内容のまま終わるのかと思いきや、しだいに頭角を現すシリアスな展開ではハラハラ感がアップしていき、どんどん乗せられていく。後がない崖っぷちのTV記者が、起死回生をかけて報道したスクープは世間で大注目され、主人公の株も回復どころかさらなる上昇でウハウハかと思いきや、そのスクープが誤報だったとわかり追い詰められていくという、結構マスコミではありそうな話。韓国はマスコミも容赦なく描写しますね。
BILIBILI (2016年12月11日) 
一つの嘘がどんどん思いも寄らない方向に進んでいく事態悪化型パターンのお話の中でも、なかなかよく出来ている方で、非常にサスペンスが強い。更に自体が悪化するのは予想できるんだけど、結構捻りが効いていて、本当に「えっそうなっちゃうの?」と何度も思ったほど展開が激しい。少しでも見逃すとついていけないので、目を凝視して画面に集中しないといけない。それにしてもこんなことは普段のニュースでは絶対に起きてほしくないものです。
STREAMANGO (2016年12月12日) 
オープニングの学生カップルの殺され方の容赦のなさと、そのあとの展開のコメディっぽいドタバタ感がアンバランスで、大丈夫かと不安だったのですが、しっかり緊迫感が増していくのが素晴らしく。最近のマスコミの「俺たちこそが生殺与奪の権利を持つ万能の権力なのだ」と言わんばかりの自分本位な政治発言の切り貼り捏造とかを見ていると、この映画はその不満にストレートにぶつかっていって、個人的にはスッキリした気分も味わえたので良し。