フォーリング・マン 9.11 その時、彼らは何を見たか?

ビルから飛び降りた人々はなぜメディアから消えたのか

9.11アメリカ同時多発テロの翌日、世界中の新聞に掲載された1枚の写真にまつわるドキュメンタリー。ワールド・トレード・センターから飛び降りた人々の映像は、なぜメディアから消えたのか。残された家族やジャーナリストたちが事件の全貌を語る。

原題:THE FALLING MAN / 製作:イギリス(2006年) / 日本公開日:2006年10月(DVDスルー) / 上映時間:76分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ヘンリー・シンガー

★【キャスト】

★【感想・批評】

●映画フリー 
ワールドトレードセンターに衝突したとき、何千もの人がさまざまな方法で命を奪った。メディアには、テレビや新聞に掲載された画像がいっぱいだった。他の原因となった論争や普遍的な非難よりもイメージの1つのセット「人々が落ちるか飛び跳ねるもの」である。数日後に、これらのイメージは取り除かれ、英雄的な応答、証拠のアメリカの精神、消防士、警察官など、より多くのイメージで多様な視点でもって置き換えられました。
●映画FUN
このドキュメンタリーは、恐ろしい決断に直面していた炎に挟まれた人々の運命と、リチャード・ドリューが撮影した有名で恐ろしい落ちる男のイメージを見ています。実在の人に焦点を当てることで、それは機能し、メディア内の他の誰も対処していないような被写体をよく見ています。それはセンセーショナルであり、ネットにたくさんあるような画像です。しかし、真実は見えてきません。それを探るにはこの作品を観るしかないのです。
●OPENLOAD
この作品を見るにはかなりの覚悟がいるだろう。しかし、それは絶対に記憶にとどめるべき出来事なのだ。このドキュメンタリーは優れていましたが、見るのは簡単ではありません。時には私が少し気分が悪くなったことがありました。ドキュメンタリーの野望は、落ちる男のアイデンティティを見つける価値があり、それはもともと興味をそそられたものです。それは興奮していました。不謹慎かもしれませんが、隠された映像に好奇心が満たされたのです。
●DAILYMOTION
それは不思議な兵士が誰であるかを知ることになるほどエキサイティングです。しかし、ドキュメンタリーの終わりのメッセージは本当に重要なものです。家族とのインタビューのいくつかはあなたを泣かせるでしょう。ニューヨークの街の人々の叫び声が窓から飛び出してくるのを見て、胸が痛いです。人々の喉の中の恐怖を聞くことは、それが非常に現実的であるため、私を震えさせるものです。あの人に私は会えないが、このドキュメントが出会いになる。
●FANDANGONOW 
誰もが覚えている。その映像は忘れられるはずがない。しかし、いつのまにか消えてしまった。世界貿易センタービルに旅客機が衝突した時、ビルが炎上し、逃げ場を失った人々は決断を迫られ、とった行動は悲しい選択でした。それは死という終わり。問題なのはその映像がカメラにおさまっていたということ。このフォーリングマンは消えたが、映像は消えないのです。だから私は知る義務があると思います。語り継ぐ意味があるのでしょうか。