マイマイ新子と千年の魔法

『この世界の片隅に』の片渕須直監督作アニメ

芥川賞作家・高樹のぶ子が自らが幼少時代を描いた自伝的小説を映画化。監督は『魔女の宅急便』などで演出補を務め、『この世界の片隅に』で非常に高い評価を受けた片渕須直。昭和30年代、大自然に囲まれた山口県防府市にある旧家。おでこにマイマイがある小学3年生の新子は、祖父から聞かされた千年前の町の姿やそこに生きた人々のことを空想することが趣味だった。ある日、なかなか田舎に馴染めない東京からの転校生・貴伊子と出会った新子は、次第に貴伊子と遊ぶようになり、心を通わせていく。

原題:マイマイ新子と千年の魔法 / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年11月21日 / 上映時間:93分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:片渕須直
脚本:片渕須直
キャラクターデザイン:辻繁人
音楽:村井秀清

★【キャスト】
福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ、松元環季、野田圭一、竹本英史、世弥きくよ、中嶋和也、西原信裕

【無料動画】

「マイマイ新子と千年の魔法」90秒プロモーション映像

「マイマイ新子と千年の魔法」90秒プロモーション映像


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月9日) 
最初からクスクス笑いっぱなしで、すぐ新子の世界に夢中に。自分の子供時代とは全然違う時代設定なのになぜか懐かしい気持ちになる。本当にこの世界に彼ら彼女らはいる、そう思わせる。デフォルメされていないのだ。一人一人が考え、生きている。属性というものにとらわれない。一人の人間としてそこにいるのだ。新子、貴伊子、タツヨシ、ひづる先生、一千年前の少女である若き清少納言。みんな等身大に生きていた。このリアルに感動する。
●映画フリー (2016年12月11日) 
タイトルから勝手に子供向けファンタジーだと勘違いしてたけど、昭和30年代の田舎社会を子供目線で実に丁寧に描いた日常系アニメで、想像力の大切さを教えてくれる傑作でした。大人が見てこその楽しさもあるので、ぜひ一見の価値ありです。どうして片渕須直監督は時代と時代をつなぐのがこんなにも上手いのか。時代考証の精密さも当然だが、ひとつの時代に生きてきた人や暮らしの道具などすべてまるごとリスペクトを捧げる姿勢が凄い。
●BILIBILI (2016年12月18日) 
東京から山口の田舎町に父と二人で越してきた貴伊子ちゃん。母親の死がまだ受け入れられない喪失と孤独の淵にいる貴伊子ちゃんを、転校先で出会った新子がグイグイとこじ開ける。新子は新子の祖父により教授された史実をもとに日毎、空想力を発揮させ、それは貴伊子ちゃんにも伝染し、二人は空想と現実が未分化されぬ1000年前の次元と空間でトンテンカンと足を鳴らし風のように走り抜ける。空想さえあればタイムマシンはいらないのだ。
●CRUNCHYROLL (2016年12月23日) 
ノスタルジーを呼び起こす素敵な作品でした。舞台の防府は1000年前の平安時代には周防国衙(すおうこくが)が置かれて、京から国司が来て駐在していた地方の中心地だった。当時の国司のお姫様になったつもりの空想にふける二人の少女の日常が描かれます。千年前の清少納言とのリンクは原作には無く、映画のオリジナル。最後に新子が転校しちゃうのは原作には無いけど、原作者の自伝には書いてあるそうです。