男はみんなペドフィリアなのか?/Are All Men Pedophiles?

男はみんなペドフィリアなのか?/Are All Men Pedophiles?

ロリコンって悪いこと?

幼児・小児(一般に13歳以下)を対象とした特殊な性愛・性的嗜好である「ペドフィリア(小児性愛)」。日本では「ロリコン」とも呼ばれることもあるこの性向は、医学的には医学的疾患(性嗜好障害)として扱われている。ときにペドフィリアに対してヒステリックな攻撃が集中することもある世間において、ペドフィリアは異常なのかをあらためて議論するドキュメンタリー。

原題:Are All Men Pedophiles? / 製作:オランダ(2012年) / 日本未公開: / 上映時間:70分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

Are All Men Pedophiles - Trailer

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

いろいろな社会問題をテーマにセンセーショナルな議論をしているドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんな思わず魅入ってしまう面白さのある作品をお得に見たいときは、動画配信サービスで探してみましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも楽というのもありますが、ドキュメンタリーは比較的に無料で公式配信されていることもあるので、案外簡単に観れたりします。英語の理解力があるならかなり楽しみの幅が広がるでしょう。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「Are All Men Pedophiles?」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『Are All Men Pedophiles?』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:Jan-Willem Breure

★【キャスト】
---

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.1/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●海外コメント  
最初はとても懐疑的でした。タイトルは冗談のように聞こえましたが、ドキュメンタリーを見た後、私は吹き飛ばされました。このドキュメンタリーは笑い事ではありませんでした。すべての男性が潜在的な小児性愛者と見なされるという社会の変化があります。このドキュメンタリーを見ながら、私は自分自身に同じ質問をしました。幸いなことに、ドキュメンタリーはそれらの質問に答え、社会の男性に対する性差別の問題に取り組んでいます。
●海外コメント 
主流のメディアによって主に見過ごされる重要な問題。私の唯一の批判ポイントは、特定の章が短すぎるということです。私は特定の科目に関するより多くの情報が好きだったでしょう。これは私が今までに見た中で最も優れたドキュメンタリーの1つであり、このドキュメンタリーで答えられた小児性愛に関するすべての質問です。あなたがこのテーマにどんな考えがあっても、とにかくまずは見てください。知ることが最初のステップです。
●海外コメント 
すべての男性は小児性愛者ですか?現実の生活とその問題を扱っているが、それは現代的な言い回しでは「ドキュメンタリー」に分類される。しかし、歴史的出来事や出来事の集合を調べるドキュメンタリーとは異なり、この映画は歴史的な歴史的な広範な文化現象に焦点を当てています。この映画が持っていると思われる議題は、それが控えめであるほど簡潔です。センセーショナルな議論を期待するべきではないのは確かです。
●海外コメント 
それは小児性愛や関連する話題について非常に多くの質問を提起しますが、この映画が明らかに提供する唯一の答えはタイトルの問題です。この答えにも議題があります。単純に言うと、ほとんどの現代文化における小児性愛の普及した定義は、あまりにも広すぎます。私たちは互いに矛盾する多くの意見や語りを聞きます。これらの矛盾のいずれにも簡単な解決策を提示することは決してないでしょう。