灼熱(2015)

灼熱

なぜ人は愛し、憎み、殺し合うのか

クロアチアのユーゴスラビアからの独立をめぐり、クロアチア人とセルビア人との間で起こった民族紛争を背景に、3つの時代の3つの恋愛を描いた人間ドラマ。1991年、クロアチアのユーゴスラビアからの独立をめぐって、クロアチア人とセルビア人の民族対立が激化。仲の良かった隣人同士が、民族の違いを理由に戦い、殺し合うことが日常の光景となってしまった。本作は紛争ぼっ発時に一夜にして敵同士となってしまう1991年編、紛争終結後に互いの民族を憎しみながらも激しく惹かれあう2001年編、平和が戻り過去の憎しみを乗り越えようとする2011年編と、3つの時代を舞台に、セルビア人女性とクロアチア人男性の2人の若者を主人公にした異なる登場人物による3つの物語が展開する。

原題:Zvizdan / 製作:クロアチア・スロベニア・セルビア(2015年) / 日本公開日:2016年11月19日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ダリボル・マタニッチ
脚本:ダリボル・マタニッチ
撮影:マルコ・ブルダル
音楽:アレン・シンカウズ、ネナド・シンカウズ

★【キャスト】
ティハナ・ラゾビッチ、ゴーラン・マルコビッチ、ニベス・イバンコビッチ、ダド・チョーシッチ

【無料動画】

映画『灼熱』予告編

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第68回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で審査員賞を受賞。

★【感想・批評】

映画FUN (2016年11月13日) 
ユーゴ紛争の一つであるクロアチア紛争の直前、紛争終結後、さらにその後という3つの時代を均等に時間を割り当てて描く。それぞれが直接繋がってひとつの物語として大きく収束する大団円があるわけではないのだが、それぞれの時代を同じ役者が演じていたりと中々に面白い演出と構成。クロアチアの人々は、1991年から95年にかけて闘われた戦争を「独立戦争」と呼んでいる。内戦とは絶対に呼ばないそうだ。そこにこそ全ての想いがある。
SPACEMOV (2016年11月16日) 
民族紛争は、島国日本には理解し難い問題だけど、こういう作品を通して知ることがとても大事。全体的には暗い内容だけど、雄大な映像美と無防備に綺麗な海が印象的。ひとすじの光のようなラストシーンにグッと胸が熱くなった。3つの時代を舞台に、セルビア人女性とクロアチア人男性の2人の若者を主人公にした異なる登場人物による3つの物語が展開していくのも、歴史の積み重ねを感じる。隣人同士が戦争によって変わってしまうのは残酷。
STREAMIN (2016年11月18日) 
今になってみれば、このクロアチア紛争の民族対立は不条理で、おかしいと思いがちだが、わだかまりはいまだに残っていることは「第三部」で表現されている。 民族対立などいろいろな問題やわだかまりも、「愛」の力で道が開けるという監督の発言にも響くものがあった。鳥のさえずりの素晴らしいエンドロールに切り替わる直前のワンカットが凄まじい。彼女はドアを閉めず開けたまま家の中へと戻っていった。未来の入り口になればいいのに。