私は貝になりたい

戦争の罪は誰のものなのか

橋本忍が監督・脚本、主演・フランキー堺で映画化された1959年の同名作品を、SMAPの中居正広を主演にリメイク。高知の漁村で理髪店を営んでいた豊松は、召集令状により本部防衛の部隊に配属され、過酷な戦争を経験する。終戦後、家族との平穏な日々も束の間、豊松のもとに軍警察が現れ、従軍中の戦犯として逮捕されてしまう。必死に無実を訴える豊松だったが…。

原題:私は貝になりたい / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年11月22日 / 上映時間:139分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:福澤克雄
脚本:橋本忍
撮影:松島孝助
音楽:久石譲

★【キャスト】
中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、西村雅彦、平田満、マギー

【無料動画】

Watashi wa Kai ni Naritai 私は貝になりたい (2008) Trailler High Definition 1280×720

Watashi wa Kai ni Naritai 私は貝になりたい (2008) Trailler High Definition 1280x720


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2010年1月8日) 
自分は戦争が終わってずっと後に生まれたので戦争を知りません。平和な時代、国に生まれて良かったとは思いますが、過去の事、人事にすべきでないなぁと心底考えさせられました。それ程メッセージ性の強い作品で、観て良かったです。配役には別に違和感なかったです。中居くんには特に期待してなかったんですが、少し軽い雰囲気が普通っぽくて嵌まってたと思います。鶴瓶さんは暗い作品の中の、光明のような存在が救いだったと思います。他のキャスティングも適材適所で最高でした。平和が当たり前の時代だから、当たり前の平和が軽視されがちな時代だから現代に必要な作品だと思います。戦争についてあらためて深く考えたい。
映画フリー (2010年1月17日) 
無実の罪で死刑になる元兵士の無念さが伝わった。紅葉や雪などの四季の変化が美しかった。昭和版「私は貝になりたい」はなぜか記憶にあって、たぶんリアルタイムではないと思うのですがモノクロの映像が記憶に残っています。そして、リメイク。心配はいらなかった。タイトルにもなってる最後のモノローグ、中居のあのトーンの高い、下手すると裏返りそうな掠れ声しか知らないのでどうなるか心配だったけど囁くような、口の中で呟くような書いた手紙を自分にだけ聞こえるように復唱するような声でした。とてもよかったと思いました。真面目で家族思いで優しい人が何故こんな目にあわなければならないのか、涙が出てきました。最後の処刑シーンが頭から離れません。
BILIBILI (2010年3月23日) 
今から遡っても100年経たない時にこのようなことがあったと考えるとどうにもこうにも言葉で表すことが出来ない。絶対にあってはならない。最後に獄中生活で親しくなったアメリカ兵が涙を堪えるシーンは心に刺さる。どの国だって人が死ぬのは嫌なのだ。それが身近な人であればなおさら。でも誰かが罪を償うことになるのなら、では戦争は誰の責任なのか。過去に起こった出来事を受け継ぐとはいえ過去は過去。絶対に変えられない。ならばこの先、言葉通り身を削ってお国のために戦ってくださった方々の思いを継いで、二度と同じ過ちが起きぬようそう願うばかりです。