デトロイト・メタル・シティ

こんなバンドで大丈夫でしょうか!

若杉公徳の同名人気コミックを映画化。オシャレな渋谷系ポップミュージシャンを夢見て上京してきた根岸崇一だったが、ふとしたことから奇抜なメイクと演奏で人気を博す悪魔系デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」として活躍する羽目に…。

原題:デトロイト・メタル・シティ / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年8月23日 / 上映時間:104分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

デトロイト・メタル・シティ(プレビュー)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:李闘士男
脚本:大森美香
撮影:中山光一
音楽:服部隆之

★【キャスト】
松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、岡田義徳、鈴木一馬、高橋一生、大地洋輔、大谷ノブ彦、濱田万葉、たくませいこ、米原幸佑、山根和馬、唐沢美帆、小林きな子、藤本道、東崎真耶

★【感想・批評】

●映画フリー
松山ケンイチ凄すぎると再認識した作品。DMCに限ってはメタルが苦手なだけに、何となく観なかったがDVDを借りて観た! まぁ、やっぱり松山ケンイチの演技力、本当にすごい! この作品は初めて映画を観て大笑いしたほどバカバカしい。けどただバカバカしいだけじゃない。松山クラウザーを宮崎美子のお母さんが優しく見守ってくれ、少しジーンときてしまった。音楽やコメディなどのこだわりは捨て元気のない時に観ると元気を貰える作品です。
●映画FUN 
グッドパフォーマンス。松山ケンイチの演技につきると思いますし内容は馬鹿らしくもくだらなくも笑えます。小沢健一のようなポップなアーティストを目指して上京してきたのに、本意ではないヘビメタのジャンルで注目を集めるし、信者のようなファンも増えて人気を博していくってストーリーも単純で分かりやすいのがいい。自分自身がこのジャンルの音楽に全く興味がないわけですが、それでも全然関係なしに好きなことでもないのに楽しめます。
●BILIBILI
この勢いですよ。それにしてもシリアスな演技の方がはまってるのかなと思っていましたが松山ケンイチですが三枚目役がこんなにいいとは思いませんでした。松山ケンイチの根岸君とクラウザーさんの変わり様がおもしろかった。松ケンがカメレオン俳優だなという認識の再確認。参った。松雪泰子の演技も漫画を再現していて地味に凄いし、この当時の邦画はこういうテンション任せな作品の実写化もありましたね。ヘビメタ、知らなくてもOKです。
●DAILYMOTION
ポップな音楽が大好きな男の子がヘヴィメタのカリスマになっちゃうという、そんな馬鹿なな奇想天外ストーリー。それにしても見た目の変化が異様。ステレオタイプなメタル像が世間に再び流布してしまった悲しみも感じなくもないですが、さすがにこれが普通だとは思わないでくださいね。クラウザー様が全力疾走するシーンなど、これは全てがノリなんですよね。あとは役者の変化も見どころか。メタルのお手本にはならないけど、映画としてはいい。