容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

それは愛だったのか

2005年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神だった…。

原題:容疑者Xの献身 / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年10月4日 / 上映時間:128分 / 製作会社: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:49.2億円

【無料動画】

容疑者Xの献身(プレビュー)

(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:西谷弘
脚本:福田靖
撮影:山本英夫
音楽:福山雅治、菅野祐悟

★【キャスト】
福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、ダンカン、長塚圭史、金澤美穂、益岡徹、林泰文、渡辺いっけい、品川祐、真矢みき

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2010年2月3日) 
相方の人が違うというところを除いてはわりと原作に忠実。堤真一の演技が上手でかっこいい。普段は冴えないが実は天才教師という役が見事にマッチしていて冴えないはずなのにどこかかっこいい。この映画ははじめから犯人がわかっている話なのだが、トリックがあっと言わせるものなので犯人がわかっていても十分に楽しめる。テレビで何度も放送されてるのがよくわかる、それくらい面白い映画。
映画フリー (2010年2月13日) 
最初に原作を読み、劇場で観ました。が、1回目はそこまで強烈な印象はなかった気がします。数年後、TV放送で再度観たとき、あまりの切なさ、やりきれなさ、想いの深さに涙が止まりませんでした。それから何度か観ていますが、毎回号泣してしまいます。堤真一、松雪泰子の演技が素晴らしい。もう、ガリレオシリーズでこれを超えるのは難しいでしょう。あくまでド派手なエンタメでなく、ちゃんと内面の葛藤をメインにするこの姿勢は素晴らしい。
OPENLOAD (2010年8月15日) 
とにかくすべてにおいてどストライク! ここまで自分にクリティカルヒットするサスペンスミステリーは今までなかった。堤真一の圧倒的な演技力に特に大きく惹かれる。なにもかもが計算され尽くしていて、特にストーカー行為にまで意味があったのには本気で鳥肌立って、感激してしまうくらい。ラストの自首には賛否両論だろうけど、個人的にはここまですべてを捨てて尽くしてくれた石神の意思を汲むべきだったと思う。
SPACEMOV (2010年11月17日) 
タイトルにある献身という言葉が、孤独な男が陥る、全てをかけて、何者かを愛し愛されたいという、心底の渇望を物語り、そのうち、その感情から、愛されたいは消え、文字通りの無償の愛=献身となる。堤真一の孤独な男の心情を細やかに、大胆に演じた、この演技こそ、この映画と物語の全てであり、福山雅治の存在が脇的なのは、当たり前なのだ。大事な人を守る為の自己犠牲に泣ける。最後は涙なしには観れません。