ヤギと男と男と壁と

豪華キャストとあの動物が共演してしまった

原題:The Men Who Stare at Goats
製作:アメリカ・イギリス(2009年)
日本公開日:2010年8月14日
上映時間:94分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 52%

ジョン・ロンスンのベストセラー・ノンフィクション「実録・アメリカ超能力部隊」をベースにしたコメディ。ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー、ケビン・スペイシー、ジェフ・ブリッジスら豪華俳優が結集する。ミシガン州の地方紙記者ボブは、離婚の痛手を断ち切ろうと戦下のイラクへ向かう。そこでかつて存在した極秘部隊「新地球軍」の特殊工作員リンに出会い、同行することにになる。リンは悪の力に支配された超能力戦士ラリー・フーパーから超能力マスターのジャンゴを救出しようと奔走するが…。

★【スタッフ】
監督:グラント・ヘスロフ
脚本:ピーター・ストローハン
撮影:ロバート・エルスウィット

★【キャスト】
ジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジス、ユアン・マクレガー、ケビン・スペイシー、スティーブン・ラング、ロバート・パトリック

【無料動画】

映画『ヤギと男と男と壁と』予告編

映画『ヤギと男と男と壁と』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月8日) 
こういう映画をこれだけの豪華キャストと巨額をかけて作ってしまう、とんだアホである。しかも実話。あいた口がふさがらない。ネタの宝庫ですね。米軍に実際にあった超能力部隊。米軍は、スターゲイトプロジェクトという名で実際に20年間真面目に超能力を開発していたそうです。開発された超能力がどうしようもなくて笑えた。知りませんでした。そんなユニークな設定なのに、邦題の意味不明さが台無しにしているのが救えない。
映画フリー (2016年1月21日) 
ジェダイとか、フォースとか、ダークサイドとか、某オビワンに向かって、真剣な顔で語っているジョージクルーニーに終始笑ってた。ジョージ・クルーニーのキラキラ眼力とユアン・マクレガーの「こいつ何言ってんだ」顔が良かった。観客も全く同じ思いだから変にシンクロするのがまたシュール。ネタが強すぎてそれ以上の深みはないのだけど、そんなこと気にもしていないので、このバカ映画は放置でいいのだ。そっとしとこう。
OPENLOAD (2016年3月14日) 
この複雑すぎる現代の世の中で、何かひとつ自分の信念を持って生きることの大切さが伝わる映画。挫折が得意分野だというセリフが意外に深い。超能力が本当にできるのか明確に劇中で描かれることはない。信じる人には超能力に見えるし、そうでない人には偶然にしか見えない。だが、そのスタンスこそこの映画の投げかけである。たとえそれが他人から見ればどんなにアホなことであっても、やりぬいていれば真っ当に見える。
SPACEMOV (2016年3月16日) 
この映画は、ふざけているのか? それとも、戦争に対しての風刺か何かなのか? そうやってクソ真面目に考えた人はすでに弄ばされている。でも邦題のせいな気がする。原題は「The Men Who Stare at Goats」なので、そのまま訳して「ヤギを凝視する男達」とかで良いのに。やっぱり役者達の力もあり、ユアンもジョージもジェフもケビンもめちゃくちゃいい味だしてるし、盲目最強オヤジのs.ラングも安定の軍人役で今までにないぶっ飛び方してるのが良い。