ドクター・ストレンジ

魔術を駆使する新たなヒーローが誕生

マーベル・スタジオ製作の、人知を超えた神秘的な魔術を修得した元神経外科医スティーブン・ストレンジが異次元からの脅威に立ち向うアクション。天才的な技術を誇るが傲慢な性格が欠点の神経外科医スティーブン・ストレンジは、不慮の事故で両手の機能を失い、積み上げてきたキャリアが台無しとなる。手の治療と失われた人生を取り戻すため、あらゆる手段を探し求めるストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力に出会う。独特な魔術の修行に励むストレンジは、強大な敵との戦いに巻き込まれていき、医師として相手を傷つけることに苦悩し、外科医に戻るか最強の魔術師として戦う道に進むかの選択を迫られる。

原題:Doctor Strange / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年1月27日 / 上映時間:115分 / 製作会社:マーベル・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億6500万ドル / 興行収入:6億5700万ドル

【無料動画】

映画『ドクター・ストレンジ』日本版予告編2

映画『ドクター・ストレンジ』日本版予告編2

Go Behind the Scenes of Doctor Strange (2016)

Go Behind the Scenes of Doctor Strange (2016)

© 2016MARVEL Marvel-japan.jp/Dr-strange


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スコット・デリクソン(関連作品:『NY心霊捜査官』)
脚本:スコット・デリクソン、C・ロバート・カーギル
音楽:マイケル・ジアッキノ

★【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン、マッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィントン、エイミー・ランデッカー

★【雑学(トリビア)】
・「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズとしては第14作品目となる。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
映像がとにかく凄まじいので大画面で観た方が絶対に良い作品です! アメコミ初心者も普通に楽しめる一作だと思います。他のキャラとの絡みもないので安心して見られますし、最初の一作でもOKです。主人公はカリスマ医師で、事故によって職業生命を絶たれ、魔術に目覚めていくという展開も王道。しかし、凄いのは映像。まるで夢の中に入り込んだようなあり得ない現象の数々が起こる、起こる、止まらない。これだけでずっと見ていられます。
●映画FUN 
ヒロインが可愛いのですが、それ以上にマントが可愛いかった。大人でも子どもでも笑えるギャグが満載で、気楽に観れるのも嬉しい。やっぱりカンバーバッチはカッコいいな。この普通であればふざけたようなマントスタイルもなんなく着こなすし、ジョークもいちいちクール。トリップしまくる、ぐわんぐわん映像はなるべく大画面で見たくなるような魔力でした。この豪華なビジュアルだけで観る価値があるのでぜひまだの人は目撃してください。
●SPACEMOV 
マーベルは、しっかり映画として各作品毎に違う味付けしていて、一つ一つちゃんと別々の作品としての個性があるのは本当に素晴らしい。今作は魔法全開で、全くなかった戦闘パターンを披露。魔方陣を展開するのは中二病っぽくていい。ビルが折りたたまれたり、ぐにゃぐにゃしたり、映像観るだけでも価値ありと断言できる脅威のマジック。ラストのあの敵の倒し方はあれでいいのですかね。しかし、これからアイアンマンなどと絡んでくるのが楽しみ。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする