ダイビング・ベル セウォル号の真実

動画『ダイビング・ベル セウォル号の真実』を無料視聴

原題:The Truth Shall Not Sink with Sewol
製作:韓国(2014年)
日本公開日:2016年10月1日
上映時間:77分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

2014年に韓国で起こった大型旅客船セウォル号の沈没事件の真相を明らかにするため製作されたドキュメンタリー。14年4月16日、476人が乗っていた旅客船セウォル号が珍島の沖合いで転覆し、沈没する。事件発生から3日目に珍島ペンモク港に到着したイ・サンホ記者は、「全員救助」「史上最大の救助作戦」「178名の潜水士を動員」といった壮大な文句をまとった主要メディアの報道とはかけはなれた、混乱した現場の様子を目の当たりにする。そんな時、民間の企業が、海中に設置すれば長時間の救助活動が可能になる潜水装置「ダイビング・ベル」の投入を提案するのだが…。

★【スタッフ】
監督:イ・サンホ、アン・ヘリョン

★【キャスト】

【無料動画】

「ダイビング・ベル」予告編

「ダイビング・ベル」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket

『ダイビング・ベル セウォル号の真実』の動画は「TSUTAYA」で見ることができます。動画が止まったり、余計な広告が邪魔したり、リンク切れに悩んだり、そんな心配は必要ありません。安心安全な動画視聴を無料で体験するチャンスです。配信には期間があるので登録はお早めに。高画質の映像を、いつでもどこでも、好きなときに好きな作品をどうぞ。


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年11月18日) 
2014年に発生し、日本でも大きく報道された客船セウォル号の沈没事件。韓国の闇の深さが浮き彫りになると同時に、今度ばかりは罪なき若い命を失ってしまったこの一連の出来事は、韓国社会に大きな傷跡を残すとともに、悲しんでばかりはいられないこともあった。私たち日本人はこの一件を関係ないことだと一蹴することなく、自分の国で起きうることとして真剣に受け止めるべきではないか。企業や国家の不正なんてどこにでもある。記憶と反省は教訓の絶対構成要素なのだから。
名無しさん(2016年11月25日) 
このドキュメンタリーで何が悲しいって、釜山映画祭で上映を行う際に、政府の関係者がチケットを買い占めて、一般の人が見る機会を奪ったということだ。本当の事実はわからないが絶対にあってはならないことなのは言うまでもない。ただの船上事故に見えてある種の既得権益が絡む社会の歪みを垣間見た。亡くなった高校生たちはほんとに哀れだ。なぜいつも弱者が傷つくのか。