コンテイジョン サバイバーズ

コンテイジョン サバイバーズ

襲い来る感染と恐怖

地上に溢れ返るゾンビとの壮絶な戦いを描いた、ダーヴィット・ブルックナー監督によるミヒャエル・クルーク主演のドイツ製アクションホラー。唐突に自我を無くし、人を襲うゾンビへと変貌する謎の疫病が発生した地球。約1週間で人類の9割が感染し、瞬く間に世界は危険な感染者が彷徨う地獄と化した。それから1ヶ月が経ち、辛うじて感染を免れたクリスは他の非感染者と共に、工場の一角で助けの来ない避難生活をしていた。しかしそこもやがて容赦のない猛襲を受けてしまう。攻撃を避けるために次の避難場所を目指し森を抜けていた一行は途中でゾンビを避けるため、ある建物へと入る。そこは何らかの研究をしていた形跡が見られ、クリスは内部を探索して調べ始めるが…。

原題:Dead Survivors / 製作:ドイツ(2011年) / 日本公開日:2014年5月(DVDスルー) / 上映時間:84分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ダーヴィット・ブルックナー
脚本:ダーヴィット・ブルックナー
撮影:ダーヴィット・ブルックナー
音楽:ヤニック・ツェンハウゼルン、インゴ・ハウス

★【キャスト】
ミヒャエル・クルーク、ユリア・ケーラー、ティノ・ドーナー、シュテファン・クーニッヒ、アイダ・マリー・アンガー、マリー・ウェイト、ロミー・シュレイバー

【無料動画】

映画『コンテイジョン サバイバーズ』予告編(日本語字幕)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月5日) 
感染の恐怖は最も身近な恐ろしい存在と言える。実体がそもそも見えず、いつどこでどういうきっかけで何が起こるかわからない。そのためパニックだけが動揺として広がっていく。しかも、敏感に反応する人は余計に混乱して思わぬ行動をとってしまうし、逆に鈍感な人は一切行動に移らず呑気にしている。この対応の差がさらに混乱を生み出しパニックを拡大する。そんな感染の恐ろしさについてこの映画では考えさせられることはない。ないのである…。
DAILYMOTION (2016年1月6日) 
有名作「コンテイジョン」のパッケージを正々堂々とパクっているこの作品だが、それは表面的な部分だけで、中身は全くの別物。月とスッポンくらいの差があるので、そこはしっかり踏まえて手をつける必要がある。じゃないと、おもわぬとんでもない病気に感染するかもしれない。サバイバーズというくらいなら生存に必死になっている姿が見れるくらいは期待するが、必死なのだろうが、その足掻いている姿に何の感情が動かされないのはなぜなのか。
STREAMANGO (2016年1月8日) 
この作品はとんでもなく怖い映画でした。というのも視聴者にさえダメージを与えるからです。私の体験をレポートすると、まず鑑賞中に謎の頭痛が生じました。目の問題かと思って瞼を押さえたのですが、何も変わらず。次に喉が渇いてきて水を飲みました。するとどうでしょうか。しばらくのち、尿意が沸いてくるのです。さらに起こったのは心臓がムカムカする状態。続いて意識の朦朧、最後には全く映画に集中できなくなってしまいました。怖いな…。