I am Sam アイ・アム・サム

I am Sam アイ・アム・サム

一緒だから、愛は輝く

知的障害のために7歳の知能しか持たない父親サムは、スターバックスで働きながら一人で愛娘ルーシーを育てていた。母親はルーシーを生むとすぐに姿を消してしまったが、二人は理解ある人々に囲まれ幸せに暮らしている。しかし、ルーシーが7歳になる頃にはその知能は父親を超えようとしていた。そんなある日、サムは家庭訪問に来たソーシャルワーカーによって養育能力なしと判断され、ルーシーを奪われてしまう。どうしてもルーシーを取り戻したいサムは、敏腕で知られる女性弁護士リタのもとを訪ねるが…。

原題:I am Sam / 製作:アメリカ(2001年) / 日本公開日:2002年6月8日 / 上映時間:133分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

I am Sam アイ・アム・サム(字幕版)(プレビュー)

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジェシー・ネルソン
脚本:クリスティン・ジョンソン、ジェシー・ネルソン
撮影:エリオット・デイビス
音楽:ジョン・パウエル

★【キャスト】
ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング、ダイアン・ウィースト、リチャード・シフ、ローラ・ダーン

★【評価】
Rotten Tomatoes 34%

第74回アカデミー賞で主演男優賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー
ショーンペンが素晴らしい。知的障害者の父親と娘の絆を描くことで親子の愛とは本質的に何かを問うていると思う。現代の学力重視教育に対する一種のアンチテーゼかもしれない。個人的にもミシェルファイファーは好きだし、子役もすばらしかった。キャスティングや演出はとても気に入りました。人生は辛いことの方が多いし、努力は報われないかもしれないけど、それでも笑顔でいることは大切。惨めに思う必要なんて微塵もないのだから。
●映画FUN
泣けて泣けて、途中からもうティッシュの箱を抱えて見てた。悲しいお話が嫌いなので今の今まで敬遠していたけど、意を決して見てみたら、思った通り涙が止まらなかった。とても悲しくて切なくて心が痛くて、だけどとても温かい親子の愛のお話だった。最後には、預け先の夫婦が、サムをルーシーの父親として認めてくれる。エンディングについていろいろな作品が幸せを描くものだけど、これはその中でも特別に温かく、微笑ましいものだ。
●STREAMANGO
裁判ではどういう判決が出たのかは描かれていないのでわからないが、とにかくみんな仲良く幸せそうにルーシーのサッカーの試合を見ている。サムは審判役だ。どんな判決だったにせよ、ルーシーにとってもサムにとっても関わった他の人たちにとっても幸せな結果になったということを伝えてこの映画は終わる。お伽話には違いない。でもいいお伽話ほど人生に必要なものもない。世の中は美しいと愛がすべてだとそれ以上に語るべきことがあるだろうか。
●SPACEMOV
毒親家庭とかアダルトチルドレンの子には親があまりにも幼稚すぎて子どもらしくいられる時期を奪われてしまうという。それは不幸な不運で片付くかもしれないが、見方を変えることで思わぬ輝きも発生する。子育てが正しいかどうか判断するのは難しいけど、愛情をもって娘に接していたサムは理想の親子というイメージを観客に植え付ける。本当のハッピーというものに必要なものはなんなのだろうか。金か、名声か、いや、そうではないと伝えるように。