4デイズ・イン・イラク

4デイズ・イン・イラク

イラク戦争は終わっていない。壮絶な4日間

2004年4月、イラク中部の都市カルバラで発生した多国籍軍ポーランド部隊とシーア派民兵軍による戦闘「カルバラ・シティホール攻防戦」を映画化した戦争アクション。イラク戦争終結宣言から約1年が経った2004年4月。反米ゲリラとの泥沼の戦いが続くシーア派の拠点カルバラに、平和維持軍としてポーランド部隊が派遣される。カリツキ大尉率いる40名の兵士たちはカルバラ市庁舎を守る任務に就くが、過激派民兵組織に包囲され、絶体絶命の危機に陥ってしまう。熾烈な銃撃戦は3日3晩続き、とうとう弾薬が尽きかけた4日目の朝、敵が大規模な攻撃を仕掛けてくる。WOWOWでは「カルバラ イラク戦争・奇跡の4日間」のタイトルで放映された。

原題:Karbala / 製作:ポーランド・ブルガリア(2015年) / 日本公開日:2016年10月29日 / 上映時間:116分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:クシシュトフ・ウカシェビッチ
脚本:クシシュトフ・ウカシェビッチ
撮影:アルカディウス・トミアク
音楽:チェザリー・スカビスゼウスキー

★【キャスト】
バルトーミェイ・トパ、アントニー・クロリコフスキ、フリスト・ショポフ、アシーア・アデル、ミハウ・ジュラフスキ、トマス・シュシャード

【無料動画】

【予告】4デイズ・イン・イラク

▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年11月10日) 
イラク戦争後の平和維持活動中のポーランド軍を描いた映画。実話を元にしたからといって、そっくりそのまま再現したわけでは無かろうとも、緊迫感のある防衛戦を堪能できる。戦争は一応終わったみたいな扱いだが、実際はもう言葉を失うくらい過酷な現状がいまだに存在する。アメリカの戦争映画と違い、装備がお国のお財布事情により貧弱な点もうまく表現されていたのではないか。辛い戦場でも職務を全うする軍隊には頭が上がらない。
SPACEMOV (2016年11月13日) 
実話ベースとの事だがどこまで本当なのだろう。欧州的な演出の粗さが長期戦での混乱具合に繋がっていたり、話が妙にウェットだったりして、なかなかに味わい深い作品。平和維持が目的だからなのか、ボロ装備のポーランドとブルガリアの混成部隊。当然、戦闘には太刀打ちできず、悪戦苦闘。パンパンパンと銃声が鳴り響くだけのある意味リアルという名の地味アクションだが、これがアメリカのドンパチ映画よりも現実に近いのは当然だろう。
STREAMIN (2016年11月15日) 
悪の枢軸の一掃を目的としたアメリカ軍とは違い、多国籍軍の一員としてどちらかと言うとイラクの市民を守るために戦場に着任したポーランド及びブルガリア軍であったが、結果的にイラクの兵士からはアメリカ軍と同類扱いされ、アメリカ軍からの支援もないまま孤立してしまう。まあきっと現地の人にしてみれば白人はみんなアメリカだと思うのだろう。旧東欧諸国の切ない政治的事情を最前線で体験させられた兵士たちの記録は切なかった。