ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙

時間を超えて、この出会いは約束されていた

アマンダ・セイフライド主演の恋愛ドラマ。シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の舞台となったイタリア・ベローナを訪れたアメリカ人女性ソフィーは、ジュリエットへの恋愛アドバイスを求める手紙への返信を行うボランティアグループに出会う。そこで、ソフィーは50年前に書かれた手紙を見つけ、返信すると、手紙を書いた本人のクレアとその孫のチャーリーが現れ…。

原題:Letters to Juliet / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開日:2011年5月14日 / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ジュリエットからの手紙

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ゲイリー・ウィニック
脚本:ホセ・リベーラ、ティム・サリバン
撮影:マルコ・ポンテコルボ
音楽:アンドレア・グエラ

★【キャスト】
アマンダ・セイフライド、バネッサ・レッドグレーブ、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル、マリナ・マッシローニ、ルイーザ・ラニエリ、マルシア・デボニス

★【感想・批評】

●映画フリー 
なんて素敵な話なのだろう。こんなにもクリティカルに心に刺さったラブストーリーは久々だった。心から大好きな人と結ばれるって最高に幸せで難しいことだと思った。チャーリーのレディファーストなとことか、ソフィーに照れながらも情熱的にアプローチしてくところがすごく好き。あとジェラートを顔に付け合ってじゃれ合うシーンが気にいっている。焦がれ合う恋愛て数少ないと思うけど、そういう恋愛をした人ってとても幸せ。羨ましい。
●映画FUN 
ソフィーのアマンダ・セイフランドは才色兼備な女性でありながら、感情が表に出てきて可愛らしかったです。現実だって、シナリオだって、哀しいストーリーはあるけれど、前向きになれるなら、どんなことでもプラスにするためには受け入れていこう。それが人生のちょっとした鮮やかなアレンジになっていく。ロミオとジュリエットの観光スポットから始まるロマンティックラブコメなので、好きな人は絶対に観た方がいいと思います。
●SPACEMOV 
ふたつの恋がたくさんの感動を運んでくれます! 半世紀経ち歳とったクレアの変わらぬ乙女心と純愛。現代に生きるソフィーの情熱的な恋心への憧れ。ある意味、普遍的な題材を取り扱う中でロマンチックに仕上がった映画だと思いました。こういう普通の作品でいいのですよ。変な設定とか要らない。純粋に愛と向き合う映画であれば、人を感動させるのはたやすいのです。これ以上ないベストなロケーションのパワーもありますけどね。
●VUDU
穏やかで愛と夢、希望に満ち溢れているのが画面越しでも分かるほど、イタリアの街中が輝いていました。少女マンガみたいにキラキラときゅんきゅんがガンガン散りばめられてて、アマンダの美貌が相乗効果になっていくというズルい構成で実に卑怯だ。こんなの好きになってしまう。50年前の手紙を通じての出会い、終始ロマンチックなストーリーが待っているなんで都合がいいけど、こういうのを映画で観れるのも贅沢な楽しみ方なんですよね。